シード権争いで感じるセカンドキャリアへの道筋【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

シード権争いで感じるセカンドキャリアへの道筋【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】

2019年11月12日18時11分

12日、来季のツアー参戦断念を発表した大江香織

 

12日、来季のツアー参戦断念を発表した大江香織(撮影:GettyImages)

シーズン終盤に近づき、シード権争いがいよいよ佳境に入ってきた。最終戦の「LPGAチャンピオンシップリコーカップ」は出場選手が限られるため、賞金シードのボーダーライン上にいる選手達に残されたのはあとわずか2試合。今週の「伊藤園レディス」と、来週の「大王製紙エリエールレディス」だけとなっている。

シブコ スタート前に手つなぎ練習?【動画】

プロスポーツ選手の寿命は、決して長いものではないが、ゴルフは、比較的長期にわたって活躍できる。だが、その様相も、女子ツアーではだいぶ変わってきている。ジュニア時代からプロになって活躍することを思い描いてゴルフをし、さらにそこで戦い続ける現在のプロゴルファーたちの入れ替わりが、より激しくなっているからだ。もちろん、シードを取れなくてもQT(予選会)から試合に出場することはできる。だが、それには想像以上に気力も体力も必要だ。

このことは、裏を返せばこれまで以上にツアープレーヤーのセカンドキャリアについて深く考えなくてはいけないということにつながる。女性の場合、結婚して出産して…、という方向性もあるが、だからといって家庭に入るのが当たり前という時代ではもはやない。

女子プロは特に、プロアマのニーズもあるが、何年もそれで生活していける者は限られる。レッスンも、昔のように自分のプレーを見せるだけというわけにはいかない。レッスンの勉強をきちんとしたプロが増えており、ここにも厳しい競争があるからだ。「人に教えるのは本当に難しい」、「勉強し直しました」という言葉を、優勝経験もある何人ものプロたちから聞いたことがある。テレビ解説やレポーターなどの仕事もあるが、その枠はごくわずかだ。

ゴルフ関連であっても、そうでなくても、違うビジネスを始めるプロもいる。プロゴルファーは、会社経営者などと知り合う機会も多いため、アドバイスをもらったり人脈を生かしたり。上手にこれを仕事につなげているケースもある。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!