増え続ける4本体制 結局ウェッジはどのロフト角構成がいいの?【女子プロから学ぶセッティングのスパイス】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

増え続ける4本体制 結局ウェッジはどのロフト角構成がいいの?【女子プロから学ぶセッティングのスパイス】

2019年10月02日11時13分

渋野日向子は全英時は52度、58度だったが、帰国後は52度、56度

 

渋野日向子は全英時は52度、58度だったが、帰国後は52度、56度(撮影:岩本芳弘)

一般アマチュアゴルファーは、同じ40m/s程度というヘッドスピードが近い理由で女子プロを参考にした方が良いと言われているが、参考できるのはスイングだけではない。女子プロたちも我々アマチュアと同じように「球が上がらない」など多種多様の悩みを抱えていて、それを矯正しているのは、スイングだけでなく14本のクラブたちなのである。

注目プロ67人のセッティングをひとまとめ!ウェッジ構成も丸わかり!【フォトギャラリー】

そこで、女子プロたちがクラブセッティングにしている、ちょっとした工夫=スパイスをピックアップ。クラブ選びの参考にしてきたい。今回は女子プロたちのウェッジ4本体制について。

ここ数年急激に伸びているのがPWを含めたウェッジ4本体制。飛距離の出る米ツアー勢が下の番手を厚くすることを狙いとしていることが多いが、PW以外の3本ウェッジの構成は様々。この波は近年女子ツアーにも押し寄せている。

CAT Ladies」で初優勝を挙げた淺井咲希のように、近年のアイアンのストロングロフト化からPWの穴を埋めるべく48、52、58度という組み合わせが多い一方で、鈴木愛や畑岡奈紗は50、54、58度と、きれいな4度刻み。

上田桃子、申ジエ(韓国)に至っては50、54、60度という男子顔負けの組み合わせ。これは2人がアプローチ巧者だからこその60度というチョイスかもしれないが、渋野日向子のように52、56度という2本体制は本当に減った。興味深いのは飛ばし屋だけでなく、平均的な飛距離の選手も続々と4本体制を敷いているということ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!