脇元華はウェッジにカーボンシャフトで「距離感が合う」 でも…アプローチは大丈夫?【女子プロから学ぶセッティングのスパイス】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

脇元華はウェッジにカーボンシャフトで「距離感が合う」 でも…アプローチは大丈夫?【女子プロから学ぶセッティングのスパイス】

2019年09月18日07時08分

これを機にカーボンシャフトという選択肢も考えてみたい

 

これを機にカーボンシャフトという選択肢も考えてみたい(撮影:岩本芳弘)

一般アマチュアゴルファーは、同じ40m/s程度というヘッドスピードが近い理由で女子プロを参考にした方が良いと言われているが、参考できるのはスイングだけではない。女子プロたちも我々アマチュアと同じように「球が上がらない」など多種多様の悩みを抱えていて、それを矯正しているのは、スイングだけでなく14本のクラブたちなのである。

渋野日向子の開幕時の14本がこれだ!

そこで、女子プロたちがクラブセッティングにしている、ちょっとした工夫=スパイスをピックアップ。クラブ選びの参考にしてきたい。今回は脇元華のウェッジ。

昨年のプロテストに合格、今季フル参戦初年度ながら賞金ランク40位とシード圏内につけている脇元華。ドライビングディスタンスは81位ながらも安定感のあるゴルフで、難コース・小樽カントリー倶楽部で行われた「ニトリレディス」で7位タイに入るなど存在感を示している。

そんな脇元のゴルフに欠かせないのがウェッジ。フォーティーンの『RM-22』を47度、52度、58度の3本入れているが、ささっているシャフトはフジクラコンポジットの『MCI-80』。カーボンシャフトをさしているのだ。

脇元は「距離感も合いますし、振っていて疲れません。アプローチもカーボンでも問題ないですよ」とコメント。さらにフジクラコンポジットの担当者が「脇元さんのウェッジシャフトはアイアンのPW用のものを短くしたものです。アイアンもカーボンシャフトなので振り感が合うから距離感も合いやすいと思います。ウェッジ=スチールシャフトというイメージがありますが、アプローチも問題ないですよ」と補足する。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ZOZO CHAMPIONSHIP」ライブフォト
いよいよPGAツアーが日本で開幕!「ZOZO CHAMPIONSHIP」の様子を現地からお届けします!
「富士通レディース」ライブフォト
「富士通レディース」は古江彩佳がアマチュアV!
ZOZO前哨戦「ザ・CJカップ@ナインブリッジ」結果
松山英樹は3位フィニッシュ!「ザ・CJカップ@ナインブリッジ」のリーダーボードはこちら
畑岡は3位フィニッシュ「ビュイック LPGA上海」
畑岡らが出場する「ビュイック LPGA上海」の結果はこちら
「日台交流うどん県レディースゴルフトーナメント」ライブフォト
ステップアップツアー「日台交流うどん県レディースゴルフトーナメント」のライブフォトはこちら
宮里・谷原らが出場! 「ル・ゴルフナショナル 」結果
宮里優作と谷原秀人が出場する欧州ツアー「ル・ゴルフナショナル」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!