“振り感そのまま”に硬さを変える 青木瀬令奈がすすめるアイアンの番手ずらし【女子プロから学ぶセッティングのスパイス】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

“振り感そのまま”に硬さを変える 青木瀬令奈がすすめるアイアンの番手ずらし【女子プロから学ぶセッティングのスパイス】

2019年07月17日17時39分

あくまで選択肢の一手 だが知ってると知らないでは大違い

 

あくまで選択肢の一手 だが知ってると知らないでは大違い(撮影:上山敬太)

アマチュアゴルファーは女子プロのスイングを参考にしたほうがいいといわれている。なぜなら女子プロの平均的なヘッドスピードは、一般的な男子アマチュアゴルファーの平均値、40m/sと同程度だからだ。

参考になるものがいっぱい 女子プロのクラブセッティング【フォトギャラリー】

だが、本当に参考にできるのはスイングだけだろうか。女子プロたちもアマチュアと同じように「球が上がらない」、「スピンがかかりすぎてしまう」といった多種多様の悩みを抱えていて、それを矯正しているのはスイングだけでなく14本のクラブたちなのである。

そこで、女子プロたちがクラブセッティングにしているちょっとした工夫=スパイスをピックアップ。クラブ選びの参考にしていきたい。今回は青木瀬令奈のアイアンのシャフトで見た一工夫を紹介しよう。

青木といえば153cmとツアーでも決して大きいとはいえない体格ながら、研ぎ澄まされた感覚から繰り出される多彩な技で2015年に初シードを獲得して以降、第一線で活躍してきた。また、15年に大西翔太氏に師事してからアッパーブローにスイングを変え、“飛ばない青木”から脱却したことでも話題を集めた。

とはいえ、年々試合数が増加する国内女子ツアー。いよいよ今年は39試合となりオープンウィークはなし。4日間の試合も増え、よりタフな環境となっている。その中で小柄な青木が1年間戦うためには、ギアの工夫も必要となる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!