大活躍のシンデレラガール 渋野日向子は切り返しからが満点!【辻にぃ見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

大活躍のシンデレラガール 渋野日向子は切り返しからが満点!【辻にぃ見聞】

2019年05月07日12時00分

笑顔も魅力の1つです!

 

笑顔も魅力の1つです!(撮影:上山敬太)

パナソニックオープンレディース」で国内女子ツアーは9試合が終了。多士済々のツアーらしく新たなスターがどんどん出てきている。そんな女子ツアーで、上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が気になった選手をピックアップ!

辻村氏大絶賛の切り返しがこちら!【写真】

■攻撃力抜群のシンデレラガール 諦めない気持ちも魅力的
河本結がツアー初優勝、吉本ひかるが2試合連続で2位となるなど、今年も“黄金世代”が活躍を見せている。その内のひとりが渋野日向子。ツアー本格参戦初年度のルーキーながら2戦目の「ヨコハマタイヤ PRGRレディスカップ」で6位タイ、そして「KKT杯バンテリンレディス」では初日最下位から予選突破を決めて20位タイに入った。さらに翌週の「フジサンケイレディス」で2位タイ、「パナソニックオープンレディース」でも最終日に一時はトップに立つなど、存在感を見せている。

河本が昨年のステップ・アップ・ツアー賞金女王、吉本はアマチュアでステップ優勝するなどすでに実績を残していたのに対し、渋野は昨年2度目のプロテストに合格。レギュラーツアーでは予選突破ゼロ。ステップでも安定感を見せていたものの優勝はなく、プロの試合で“これ”といった実績があるわけではなかった。

そんな渋野の活躍に、辻村氏も目を丸くする。「バーディを獲れる攻撃力がありますよね。安全優先なゴルフを全くしていません。自分の良さを発揮しよう、というのが見てとれます。空回りすることを恐れていたら、あそこまでアグレッシブにいけません」。尊敬する選手に鈴木愛を挙げるだけあってグリーン上も強気そのもの。「鈴木さんを目指しているのがパッティングを見てとれます。絶対に届かせる、という気持ちを感じさせますね」。強気のパットでパーオンホールの平均パット数は堂々一位だ。

簡単に諦めないところも鈴木を彷彿とさせる。「初日に最下位。ある意味、捨て試合のようになってもおかしくないですが、諦めずにプレーしたことで予選を突破、そして翌週以降への流れをつかみました。決して爆発力だけではできないことです」と気持ちの強さも武器のひとつだ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!