本当にゴルフ界は女性差別をやめたのか!?【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

本当にゴルフ界は女性差別をやめたのか!?【小川淳子の女子ツアーリポート“光と影”】

2019年04月10日07時20分

オーガスタを舞台に行われた女子大会 歴史的大会だがその情報は…

 

オーガスタを舞台に行われた女子大会 歴史的大会だがその情報は…(撮影:村上航)

文明の発達により、地球上を情報が駆け巡るスピードは飛躍的に速くなっている。自然に流れ込む情報の取捨選択に悩むほどと言ってもいい。同時に、情報伝達の必要性も高まっているのが現在だ。言い換えれば、個人ならとにかく、組織となれば、情報を獲得し、咀嚼(そしゃく)したうえで公開することが責務になることも多い。組織としてこれを怠るということは、広く一般に情報を伝える気持ちがないと思われても仕方がない。

オーガスタの芝を踏んだ安田祐香【大会フォトギャラリー】

海外男子メジャー「マスターズ」の舞台、オーガスタナショナルGCは、人種的にも性別においても閉鎖的だったことは、広く知られている。それだけに、そのオーガスタナショナルGCでの女子大会「オーガスタナショナル女子アマチュア」開催は、世界のゴルフ界にとってうれしいビッグニュースだった。しかもマスターズ前週という最高の時期を選んでのことだ。

72人が出場する予選ラウンド36ホールは違うコースで行われ、予選と決勝との間に1日設けられた非公開練習日には、全員がオーガスタでのプレーを許される。そして晴れてオーガスタで試合に挑めるのは、決勝進出を果たした30人という選ばれし者だけ。そこに日本からただ一人出場した安田祐香(大手前大)が進み、3位タイと健闘した。

最終日のスタート前には、ナンシー・ロペス(米国)、アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)、朴セリ(韓国)、ロレーナ・オチョア(メキシコ)の4人のホール・オブ・フェイマーが勢揃い。マスターズのオナラリースタート同様、大観衆の前でティショットを披露。このニュースは、様々なメディアによって世界中に伝えられた。

ところが、それぞれがオフィシャルウェブサイトを持っている主なゴルフ団体の反応が、意外に冷たい。オーガスタナショナルGC、USGA(全米ゴルフ協会)など、ゴルフの普及を使命としている団体は大きくこれを扱っている。ところが、日本で同じ使命を帯びているはずのJGA(日本ゴルフ協会)は、ナショナルチームメンバーの安田が出場しているにもかかわらず、無反応だ。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!