比嘉真美子 飛距離が増した理由は“右ヒジのV”【辻にぃスイング見聞】 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

比嘉真美子 飛距離が増した理由は“右ヒジのV”【辻にぃスイング見聞】

2018年12月20日17時44分

比嘉真美子 飛ばしの秘密は“V字”にあり

 

比嘉真美子 飛ばしの秘密は“V字”にあり(撮影:米山聡明)

今季優勝した選手のスイングから強さの要因、そしてアマチュアが参考にすべき部分を探る“Playback LPGATour2018”第5回は「KKT杯バンテリンレディス」で優勝した比嘉真美子。今季は1勝にとどまったが、抜群のショット力でツアーを牽引し、賞金ランキング4位と自己最高位で終えた。そんなショットメーカーのスイングを、上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が解説する。

右ヒジで作る“V”が比嘉真美子のショットを支える【スイング連続写真】

今年、比嘉が活躍できた理由について辻村氏は「今までは飛んで曲がっていたから成績が出なかった。今年は飛んで曲がらなくなったことが一番大きい。正確に遠くに飛ぶようになったことが飛躍の要因」と断言する。

スタッツを見ると差は歴然だ。17年はドライバーのうまさを示すトータルドライビング(ドライビングディスタンス順位とフェアウェイキープ率順位を合算したランキング)は32位だったが、今年は4位と急浮上。パーオン率も16位から2位と大きく向上した。付け加えるならば、ドライビングディスタンスも7位から3位にランクアップ。数字にして約6ヤードも伸びている。

そんな“飛んで曲がらない”を実現したのが、ダウンスイング時に作られる右ヒジの角度だという。「今年は切り返しからクラブを下ろしてくるときに、後頭部の後ろにシャフトがある。去年まではもうこの時点でコックがほどけていた。だからシャフトは、もう腕の延長線上にあったんですよね。だからタイミングが合っていなかった」。いわゆるアーリーリリースとなっていたことが、飛ばなくなっていた理由でもあった。

この時に作られる“タメ”が飛距離を生み出すのである。「しっかりと力をタメているのが分かるのが、切り返しから右ヒジが下にグンとくるときにできるV字の深い角度。手首とシャフトのアングルと、右ヒジが体にくっついてくる形が、トップよりもなお絞り切れている。このためたパワーをインパクトで爆発させることで、より力強い球を生み出しているのです」。飛ばしたいアマチュアのみなさん! ぜひ、この角度を参考に。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

アジアパシフィック女子アマチュア選手権 特集
アジア地域の最強女子アマ決定戦「アジアパシフィック女子アマチュア選手権」が今年は日本で開催!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
本間ゴルフ×ALBAスペシャルサイト
本間×ALBAオリジナルコンテンツがいっぱい詰まったスペシャルサイトを今すぐチェック!!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
イ・ボミ、香妻琴乃ら人気女子プロを続々更新中!女子プロ写真館
イ・ボミや香妻琴乃ら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトを毎日更新中。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
プロが選んだアイテムはコレ!
プロたちが勝つために試合に選んだシューズやウエアはいったいどれ!?編集部おススメのアイテムをピックアップして紹介します!