国内女子ツアー
ライブフォトはこちら

森田理香子のドライバーレッスン【第二回】「クラブ肩当てシャドーで手打ちが直る」

2021年05月13日

 
18年を最後にツアーから撤退した森田理香子。現役時代は250ヤードだったドライバーの平均飛距離が、回転を重視したスイングに変えた今は、260ヤードに伸びたという。「アマチュアはインパクトで体の回転が止まって、手打ちになっている人が多い」という森田に、“+10ヤード”のドライバーを教わろう。第二回は“手打ち”が直って、大きな捻転も作れる練習法を紹介。

撮影:村上航 取材協力:鶴舞カントリー倶楽部
______________________

クラブを手で動かしていませんか?

体の回転が止まって、手だけで振ると飛ばないうえに曲がりやすい
アマチュアを見ていると、“手打ち”で体を使えていない人が多いと思います。インパクトで足や腰が止まるので、インパクトで詰まって、手元が体から離れるし、ヘッドスピードも減速してしまうのです。

捻転+同調で飛距離は伸びる

体をしっかり捻転させたうえで、体の回転と腕を同調させると飛距離が出る
しっかり体を捻転させて、体の回転と手元を同調させれば、飛ばない人は飛ぶようになりますし、飛ぶ人はもっと飛ぶようになります。でも“手打ち”といわれても、どうやって体を動かせばいいかわからない人が大半ではないでしょうか。

左肩にクラブを当てて、オヘソを回す

グリップエンドを左肩に当てて、左腕は伸ばしてシャフトを握り、右手はお腹の上に。最初は上体を起こした体勢から回転動作を行い、次に前傾姿勢をとって体を回してみよう
手打ちを直す良い練習があります。ドライバーのグリップエンドを写真のように左肩に当て、左腕は伸ばしてシャフトを握る。そして、オヘソの回転を意識するために、右手はお腹の上に置いてください。最初は上体を起こしてスイングするときと同じように右に90度、左に90度回ってみてください。
スタートポジションでは、左腕は伸ばして、右手はお腹の上に置く
   
そのとき、1つの目標物を見続けると頭は動きません。そして、手でクラブを振るのではなく、オヘソを回してクラブを動かす意識を持つこと。手打ちになっていた人ほど、90度回るのはしんどいはずです。

次に前傾姿勢を取ってヘッドを下げ、同じように回ってみましょう。よりスイングに近い動きをイメージできると思います。この「クラブ肩当てシャドー」を行うことで、左腕を曲げずに体を大きく捻転できるようになりますし、体と腕を同調させる感覚が身につきます。家でもできるので、ぜひ試してみてください。
■森田理香子
もりた・りかこ 1990年1月8日生まれ。京都府京都市出身。ツアー通算7勝。08年にプロ入りし、10年の「樋口久子IDC大塚家具レディス」でツアー初優勝。13年には年間4勝を挙げ、23歳で賞金女王に輝いた。18年を最後にツアーから撤退し、現在はゴルフウェアのプロデュースや、ゴルフ中継の解説などで活躍している。練習やトレーニングは継続していて、ドライバーの飛距離は現役時代より10ヤード伸びた。

ALBA 820号はこちらから!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2021年 5/27号 [雑誌]
価格:689円(税込、送料無料) (2021/5/13時点)


 
 
このページの上部へ

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧