国内女子ツアー
組み合わせ

現在、女子ツアー勝率No.1! 稲見萌寧ら「こだわり派のプロ」が選んだツアー系ボール

東京五輪では銀メダルを獲得。2021年シーズンはすでに7勝と勢いが止まらない稲見萌寧。若さに似合わない探究心とこだわりを持つ稲見が選ぶのは、現在女子ツアー勝率No.1のツアー系ボールだった。

text by Kazuhiro Koyama

2021年09月22日

リディア・コをプレーオフで下し、五輪銀メダルを獲得!

 
稲見萌寧は日本ゴルフに初メダルをもたらした(写真:Getty Images)

稲見萌寧の勢いが止まらない。

昨年は「スタンレーレディス」の1勝だけだったが、2021年は「明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ」を皮切りに、5月の「中京テレビ・ブリヂストンレディス」までで早々と5勝を挙げた。もともとショットの精度には定評があったが、ショートゲームの上手さに加え、勝運にも恵まれて、次々と勝利を重ねていった。

そして記憶に新しい東京オリンピックのゴルフ競技では、世界の強豪を相手に一歩も引かず好プレーを連発して奮闘。元世界ランキング1位のリディア・コとのプレーオフを制し銀メダルを獲得した。自国開催の五輪で、ゴルフファンでない人々の注目を集め、日本にもこんな選手がいるのだと、国内女子ツアー全体にとっても大きなアピールになった。
2021年7勝目は「ニトリレディス」。東京五輪後の初戴冠となった。副賞の「ゆめぴりか」はニトリレディス開催地・北海道の銘柄米(撮影:村上航)
そして、小樽カントリー倶楽部で行われた「ニトリレディス」でも優勝。「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」では、最終日に「64」をマークし大会新記録で優勝した。2021年は25試合中、ベストテンフィニッシュがなんと16回。2020-2021シーズンの獲得賞金は2億円を超えた。不滅の記録とも思われた、不動裕理の年間10勝(2003年)をも射程に捉えたと言っていいだろう。多くの記録が塗り替えられる歴史的なシーズンになるかもしれない。
念願の公式戦タイトルをつかんだ「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」(撮影:福田文平)
この記録的とも言える強さの要因を探るのは簡単ではないが、やはり印象に残るのは、その人並み外れた妥協のない姿勢だ。上位にいても優勝しても、コメントはそれほど調子が良くないということが多い。練習では、わずか数ヤードほどショットがズレても納得できず、コーチと意見交換を繰り替えすという。若さに似合わないストイックな姿勢は、やはり他の選手と違うものを感じる。

道具選びにもそのストイックさは変わらない。クラブ契約はフリーで多くのメーカーのクラブを試して、納得できたもののみを使用する。今シーズンの途中には、過去に使用していたアイアンに戻したりもしている。とにかく、これでいいということがない選手なのだ。
 
 
このページの上部へ

TOUR Columnコラム

コラム一覧

LESSONレッスン

レッスン一覧

GEAR NEWSギアニュース

ギアニュース一覧

GEAR Columnコラム

ギアコラム一覧

TRENDトレンド

トレンド一覧