【80切り】“スプリットハンド”ドリルで、アーリーリリースが直る | 3段階レベル別上達法〜80切り〜アイアンの状況別に備える【ALBA本誌連動】

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【80切り】“スプリットハンド”ドリルで、アーリーリリースが直る

80を切るならアイアンのパーオン率を上げて、悪くてもパー、あわよくばバーディというホールを増やしていきたい。ダフリやうすい当たりで、バーディチャンスになかなかつかない人は、インパクトのイメージを変える必要がある。

2020年09月04日

インパクトでは、アドレスよりも右肩が下がる

 
インパクトはアドレスよりもハンドファーストになるので、右肩が下がるのが自然。左足体重なら右肩が下がっても、ダフらずにクリーンヒットできる
   
「インパクトはアドレスの再現」という教えは、初心者にとってはわかりやすくて有効ですが、70台を目指すなら、より正確な知識とイメージが必要になります。アドレスに比べてインパクトは、左足体重になりハンドファーストに。右肩はやや下がるのが正しい形です。

左右の手を離して握り、右ヒジを体につけて振り下ろす

左手はそのままで、右手はシャフトを握ったスプリットハンドで振る。こうすると、右ヒジが伸びて手首のコックが早くほどけるアーリーリリースになりにくい
このインパクトイメージをマスターするためには、左右の手を離して振る“スプリットハンド”ドリルがオススメ。バックスイングで右ヒジをたたんだら、その右ヒジを体につける感じで振り下ろします。左ワキは締めず、体重を左足に乗せながら体を右に傾けるのがコツ。こうするとダフリやうすい当たりの原因となるアーリーリリースが直るうえに、ハンドファーストでダウンブローに打つ感覚がつかめますよ。
スプリットハンドドリルで、ハンドファーストのインパクトを練習しよう。スイングの最下点がボールの左(先)になり、ダウンブローに打つ感覚がつかめる
(この記事は2019年4月25日発売のALBA771号に掲載されました)

■3段階レベル別上達法〜100切り〜ドライバーのOBを防ぐ
■3段階レベル別上達法〜90切り〜アプローチの種類を増やす
■3段階レベル別上達法〜80切り〜アイアンの状況別に備える
工藤広治
くどう・こうじ/73年生まれ。茨城県出身。最先端のスイング理論に精通。茨城県を中心にレッスン活動を行い、これまでに3000人以上の悩めるゴルファーを上達に導いた。アメーバブログ「ゴルフ諸行無常」で頻繁に情報を発信している。工藤ゴルフスクール代表
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦 成績表はこちら
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の成績表はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!