アプローチのミスがなくなる!ヒジ曲げ五角形打ち【高山忠洋レッスン】 | 体感、実感、すぐ実践レッスン!直感ヒント試し打ち

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

アプローチのミスがなくなる!ヒジ曲げ五角形打ち【高山忠洋レッスン】

頭で理解していてもできないことはたくさんある。やれば体が理解する「直感ヒント」をやってみよう〜高山忠洋編(※ALBA659号掲載/2014年9月)

2019年02月06日

 
上から打ち込もうとしないで、ヨコからサッと払い打つと、インパクトが安定して距離感も合う

上から打ち込まずにサッと払おう

「アマチュアは腕と肩でできる三角形を一生懸命固めて打つ人が多いですよね。それだと腕に余計な力が入って、ウェッジの刃が刺さりやすくなります。
 
グリーン周りが苦手な人は、三角形を一度忘れてください。ヒジにゆとりを持たせて、腕とヒジと肩でできる五角形で振った方が、インパクトが安定して距離感が出ます。ヘッドを上から入れる意識も必要なし。パターみたいにヨコからサッと払い打ちましょう。アプローチウェッジやピッチングウェッジを使ったピッチ&ランに最適ですよ」
足は左、肩は真っすぐに向ける。アプローチは飛ばす必要がないので、足を閉じて少しオープンにした方が、距離感を合わせやすい。でも肩は真っすぐにした方が方向性が出る
よく言われる定説、「腕と肩でできる三角形を崩すな」。これで腕に力が入ってガチガチに固めてしまうと、ザックリしやすい。上手く当たったとしても距離感が出しづらい
「五角形なら距離感が合う!」〜高山忠洋/1978年生まれ。和歌山県出身。ツアー通算5勝。2011年シーズンには賞金ランク2位となった。⇒プロフィールはこちら


ALBA最新号の特集ラインナップはこちらをクリック!
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」速報
松山は最終戦に向けての正念場!「BMW選手権」の速報はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」速報
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!