宮里優作の強さ〜無駄な力感ゼロ!右足を重しにしてヘッドを走らせる | 連続写真で比較〜スコープビジョン【SCOPE VISION】

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

宮里優作の強さ〜無駄な力感ゼロ!右足を重しにしてヘッドを走らせる

最終戦を制し、劇的な大逆転で賞金王となった宮里優作。アマチュア時代からスーパー大学生として活躍していたが、プロ15年目での栄冠にはスイングの進化があった。一流選手の連続写真から本当にアマチュアが学べるポイントだけを、プロコーチのパイオニア内藤雄士がクローズアップして解説します!(※ALBA739号掲載)

2019年02月12日

デビュー当時と比べて、リリースポイントが安定

 
   
「デビューから勝てない時期が続いた宮里優作選手は、長期間をかけてスイングを作ってきたと思います。その成長を感じるのが、フォローです。

 デビュー当時と比べてリリースが格段に安定したことで、フォローでヘッドが大きく動くのとは対照的に、右足に余計な力が入っていません。リリースが不安定だと“足で調整しよう”としますが、リリースが正しければ、右足は自然に“重し”になってくれます。右足に余計な力を入れなくてもヘッドがスピーディに動くので、飛んで曲がらないスイングになるのです」
【SCOPE!】優作の成長はフォローの右足

ややタメが強いスイングが特徴だが、リリースポイントが安定していることでフォローではグリップエンドが後方を向く理想の形になっている。
【SCOPE!】大きなフォローはクラブに引っぱられた証拠

スイングプレーンに乗って、大きなフォローでクラブヘッドを動かすことによって、右足には余計な力が入らなくなる。

【SCOPE!】トップとフォローの肩の角度が同じ

トップでの両肩の角度とフォローの両肩の角度がほぼ同じなのは、前傾角度をキープした理想的なショルダーターンだから。

【SCOPE!】インパクトでは右足はツマ先立ち

アマチュアはカカト体重の人が多いが、前傾角度をキープしたインパクトができれば右足はツマ先立ちになる。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!