5大メーカー秋の新作を調査 今年の最新シャフトは全然曲がらない! | 【ALBA本誌連動企画】新ギア総研 アマプロみんなでとことん試打

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

5大メーカー秋の新作を調査 今年の最新シャフトは全然曲がらない!

シャフトは選び方次第で、ドライバーの性能を格段に引き上げてくれる。今年の最新シャフトの特徴を調べていくと、最新ドライバーの飛距離性能を生かすべく、“曲がらない”に特化したモデルが多かった。 ※ALBA独自の基準で計測を行っています。メーカーが表記する数値と異なる場合があります。振動数は先端重量230グラムで計測しています 写真/佐々木啓、鈴木祥、米山聡明 構成/村田辰也

2019年10月15日

【今年の秋はアイアンシャフトも注目】最新の軽量スチールもボールがネジれない

 
ドライバーとコンセプトが同じ
20年ぶりにリニューアルされた日本シャフトの『N.S.PRO 950GH neo』。最大のコンセプトは飛び系アイアンで高い打ち出しと適度なスピン量を確保することだが、これは大型ドライバーのコンセプトと通じるものがあると村田。

「ドライバーの大型化に合わせて、アイアンも大型化が進んでいます。その中で軽量スチールも飛び系アイアンの飛距離性能を生かすために、安定した挙動と高い打ち出し、一定したスピン量を生むための設計がなされているのです。これはドライバーのシャフトと同じ方向性です」

一方、筒は軽量スチールの可能性についてコメント。

「飛び系にマッチングした設計とはいえ、安定した挙動でタイミングを取りやすいシャフト性能はどんなアイアンヘッドに合わせてもメリットがあります。しかも、ドライバーと振り心地が揃いますし、弾道の質も揃う。使わない手はないですね」

【日本シャフト】N.S.PRO 950GH neo

名器『N.S.PRO 950 GH』の追加モデルとして20年ぶりにリニューアル。950GHに比べ中間剛性を高め、手元部の太さが細く変更された。高弾道を生むための先端部の走りを残しつつ、安定した挙動の振りやすさも両立させている。Sで約98グラム

【POINT】どんなヘッドにも合う万能選手

村田 「 『N.S.PRO 950GH neo』ってコンセプトが最新のドライバーシャフトに似てますね」
筒 「先端の適度な走りで高さを出しつつ、タイミングも合うモデルですしね」
村田 「飛び系アイアンに合うって聞きましたが、どんなモデルにも合う万能性がありますね」

しなやかな剛性なのに振り心地はしっかり

ドライバーと同じく『N.S.PRO 950GH neo』の剛性分布を調査。同じフレックスの前作『N.S.PRO 950GH』や『N.S.PRO
MODUS3 TOUR105』と比較して、全体的にしなやかな剛性であることがわかった。「面白いのは、剛性的にはソフトでも打ってみたら“しっかり感”があること。日本シャフト独自の熱処理技術でしっかり性能を出しつつも、余分なしなりを感じさせないフィーリングを両立させたことが最大の魅力ですね」(村田)
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!