3つの“つかまる”テクノロジーで、大きな飛距離 | ALBA.Net記者は見た!ギア発表会潜入レポ

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

3つの“つかまる”テクノロジーで、大きな飛距離

プレミアムディスタンス系ボールの定番として、ゴルファーからの人気が高い『NEW PHYZ(ファイズ)ボール』が、2年ぶりにリニューアルされて3月3日に発売される。少しでも飛ばしたいと願う、アベレージ層の強い味方になりそうな『NEW PHYZ』は、どのように進化したのだろうか。

2017年01月30日

3つの“つかまる”テクノロジーで、大きな飛距離

 
2年ぶりにリニューアルされるNEW PHYZボール。”つかまるボール”の秘密に迫る!
『NEW PHYZ』の大きな特徴が、前作までも特徴のひとつだったボールの“つかまり”がより進化したこと。「つかまる」とは、インパクトでボールが大きくつぶれて、フェースに長く乗っている状態のことだ。

飛距離に悩む多くのゴルファーの特徴として、ボールがつかまらずにスライスになっていることがあげられる。これでは、エネルギーの効率が悪くなるだけなく、バックスピン量が増えて、大きく飛距離をロスしてしまう。またボールがつかまらないと右方向への曲がりも加わり、方向性も悪くなってしまう。

ボールが「つかまる」ようになれば、インパクト効率が上がりボール初速が上がるだけでなく、ボールがより大きくつぶれることでバックスピン量が軽減するので、高初速、低スピンの大きな飛びを実現することが出来るのだ。
『NEW PHYZ』について説明する、ブリヂストンスポーツ(株)ボール企画室 岡田拓也さん
もともとPHYZは、早くからこの「つかまり」に着目し、大きな効果をあげてきた。4代目となる最新作は、PHYZ独自の素材となる「ビッグインパクトシェル」、コアに硬さのグラデーションをつけた「ソフト・ハイドロコア」に加え、新採用のアウターカバー「ロングチャージカバー」を採用した。この3つの"つかまる"テクノロジー、特にねじれへの強さをアップさせたカバーの進化によって、これまで以上に球持ちが良く、「つかまる」インパクトを実現している。

『NEW PHYZボール』 プレゼント BIG DRIVE実感キャンペーン

3月3日に発売される『NEW PHYZボール』を
発売前に試打できる『BIG DRIVE 実感キャンペーン』の参加者を驚愕の500名大募集中!

PHYZボールをぜひ使ってみたいと思う方は
下記リンクから奮ってご応募ください!


『NEW PHYZ BIG DRIVE 実感キャンペーン』はこちら
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!