マスターズ開幕! 注目選手ギア事情 | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

マスターズ開幕! 注目選手ギア事情

text by kazuhiro koyama

2016年04月08日

“ビッグ3”も使用する純正シャフトとは?

 
純正シャフトの「KUROKAGE Silver」を使用するジェイソン・デイ gettyimages
 現代のドライバーは、カスタムシャフト全盛だ。それまでアフターマーケットで販売されていたシャフトを、購入時に当たり前に選ぶことができるようになったので、4万円前後の高価なシャフトを装着するケースが一般的になっている。

 しかし、世界のトッププロでもカスタムシャフトを使用していない選手がいるというと、少なからず驚かれるのではないだろうか。その代表的な例が、先日復活優勝を果たしたアダム・スコットと“ビッグ3”の一角、ジェイソン・デイのオーストラリア勢だ。

 二人が使用するのは三菱レイヨン「KUROKAGE Silver TiNi」の 70X。「KUROKAGE」というと、国内でも人気の高い「KUROKAGE XT」や「KUROKAGE XM」がよく知られているが、彼らが使う「KUROKAGE Silver」は、海外モデルに追加料金無しで装着できる、いわば純正シャフトだ。価格も「XT」や「XM」の定価が40,000円(税抜)に対して、シャフト単体で日本円20,000円弱と格安だ。

アダム・スコットも同様に「KUROKAGE Silver」を使用 gettyimages
 デイとスコットだけではない。
ローリー・マキロイが現在使用しているのは「Diamana S+ 」の70X。かつて大ヒットとなった初代「Diamana」、通称“青マナ”に似たデザインだが、これも現在は追加料金無しで購入できるシャフトのラインナップ。アメリカのプロショップでは、この純正シャフト版の「Diamana」が装着されたクラブが、店頭に並んでいることも珍しくない。

 海外のツアープロでは、特にこの「KUROKAGE Silver TiNi」と「Diamana S+ 」を使っている選手が、他のカスタムシャフトに比肩するほど多い。必ずしも高価なシャフトを使っているとは限らないのだ。
ローリー・マキロイが現在使用しているのは、「Diamana S+ 」の70X gettyimages
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!