松山英樹&石川遼も悩んだ…ボール選択の重要性 | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

松山英樹&石川遼も悩んだ…ボール選択の重要性

text by kazuhiro koyama

2016年12月01日

ワールドカップのフォアサムでは“松山愛用ボール”を選択

 
一つのボールを交互に打つ“フォアサム”では松山の使用ボール『スリクソンZ-STAR XV』を選択
 松山英樹と石川遼がペアを組んだ『ISPSハンダ ゴルフワールドカップ』。優勝候補にあげられながら6位に終わった日本チームだが、若い二人の清々しい戦いぶりに興奮したファンも多いのではないだろうか。

 ワールドカップはチーム戦で、初日と3日目はペアで一つのボールを交互に打つ“フォアサム”で戦った。その際に問題になるのが“どちらのボールを使うか!”だ。
アメリカチームの2人はともに『PRO V1x』を使っていたため“ボール問題”は発生せず
 ジミー・ウォーカー&リッキーファウラーがコンビを組んだアメリカチームのように、2人が同じタイトリスト『PRO V1x』を使っていれば問題はない。しかし日本チームは松山が『スリクソンZ-STAR XV』、石川がキャロウェイ『クロムツアー』を使用している。結果としては、一昨年までスリクソンを使用していた石川が、松山が普段使っているボールに合わせる選択をしたようだ。

 ゴルフは道具の影響が大きいスポーツだが、特にプロにとって、ボールの選択は非常にデリケートだ。当然のことながら、ただ飛べばいいというわけではなく、自分のイメージした弾道が出せるかが大きなファクターとなる。アプローチになると、さらに話は繊細で、球質を適正にコントロールしなくてはならない。
普段とは違うボールでのプレーだったが、石川はもともと『スリクソンZ-STARシリーズ』を使っていたので弾道コントロールに大きな影響は感じさせなかった
 今回のワールドカップの舞台となった、キングストン・ヒースGC(オーストラリア)は、グリーンとその周辺の傾斜がきつく、多くのバンカーと幾重にも連なるスロープがあるのが特徴だ。アプローチをピンに寄せていくには、ボールの高さとコロがりの強さ、スピンによる減速を巧みに駆使しなければならないだろう。松山と石川は、砲台グリーンの土手にワンクッションさせたり、傾斜にぶつけてスピンで止めたりと、イマジネーションあふれるアプローチで、いくつもパーを拾っていた。その巧みな弾道コントロールを見ると、ボールの選択は成功だったといえる。
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!