『マジェスティ』の新たなブランド、『CONQUEST(コンクエスト)』をYoutuberプロが試打検証! アイアン・FW編 | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

『マジェスティ』の新たなブランド、『CONQUEST(コンクエスト)』をYoutuberプロが試打検証! アイアン・FW編

取材・文/Kazuhiro Koyama 撮影協力/カメリアヒルズカントリークラブ  PHOTO/晴山順平

2020年03月26日

飛び系でありながら、心地よい感触と操作性

 
前回のドライバー編では、Youtubeチャンネル「試打ラボ しだるTV」で人気の石井良介プロに、『MAJESTY CONQUEST BK』ドライバーを試打してもらって、その性能を検証してもらった。

『マジェスティ』の新たなブランド『CONQUEST(コンクエスト)』をYoutuberプロが試打検証! ドライバー編


改めておさらいすると、『CONQUEST(コンクエスト)』は、マジェスティが新たに提案するアスリート志向ゴルファーのための新ブランドだ。ドライバーのほか、アイアンが2機種とフェアウェイウッドがラインナップされている。石井プロには、それらのクラブも練習場、そしてコースで実際に試してもらった。
まずは、『MAJESTY CONQUEST BK MARAGING』アイアン。その名の通り、フェースに高強度のマレージング鋼「カスタム455」を採用したポケットキャビティで、トゥ側にウェイトを特殊接合した「高比重タングステンアトミックジョイント」と呼ばれるテクノロジーが採用されている。これによって、見た目以上の高慣性モーメント化を実現するという。

さらに、フェースはCNC加工によって平滑度を高めたのち、深溝のスコアラインを彫刻。7番アイアンのロフト角が29度という飛び系アイアンだが、細部にまでこだわった仕上がりとなっている。

石井プロがボールを打つと、まず印象に残るのがボールに落ち着きがあること。プロや上級者はボールの曲がりを「捻じれる」と表現するが、そんな捻じれや吹け上がりがなく、安定した弾道で飛ばせる。石井プロがプロ本来のヘッドスピードで振ると、最高で192ヤードを記録した(※7番アイアン)。単に飛ぶだけではなく、ボールの落下角度が50度以上あり、グリーン上で十分ボールを止められる高さが特筆される。

「このアイアンはいいですね。打ちやすいし、打っていてすごく楽しいです」と石井プロは興奮気味に評価する。とはいえ、プロが使うアイアンとしては、操作性や打感が物足りないのではないだろうか。

「プロでもアイアンで飛んでほしいし、やさしく打ちたい気持ちはあるんです。その上で、感触の良さや構えたときの見た目、球筋の操りやすさなど多くの機能を求めます。この『MAJESTY CONQUEST BK MARAGING』はそれが高いレベルで盛り込まれていて、シャフトを自分用に重くすれば、十分使えます。むしろ、明日からでも使いたいくらいですよ」(石井良介プロ)。

試打を終えても、「もっと打たせて欲しい」と石井プロはボールを打つのをやめなかった。マレージングフェースでありながら実現できた、その心地よい打感と打音に、石井プロも強く魅力を感じたようだ。

1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!