どんな距離からでもどんなライからでもグリーンを狙える! 10代目のパワートルネード、『UFO』飛来! | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

どんな距離からでもどんなライからでもグリーンを狙える! 10代目のパワートルネード、『UFO』飛来!

text by Kazuhiro Koyama

2019年09月14日

悪いライも不思議と打てる、驚きのやさしさ

 
深いディボット跡に入ってしまったら、もうそれだけでミスショットは確定と言ってもよいのではないだろうか。ディボットにボールが挟まったライを見ると、どう打っていいか戸惑ってしまうほどの状況だ。

ミスショットを覚悟して、試みにディボット跡から『UFO』を振り下ろしてみたところ、なんと高い弾道でナイスショットとなった。さすがにマグレかと思い、何度もディボット跡からショットしてみたが、その度にボールは前に向かって、高弾道で飛んでいった。これはさすがに驚きだ。
かなり深いディボットを選んだが、ナイスショットしか出なかった
なぜ、ディボット跡でも上手く打てるのだろうか。特別に打ち込んだりしなくても【オペレートソール】がディボット跡に侵入し、上手くボールとコンタクトしてくれるようだ。そして【ユニバーサルウイング】による深重心設計と先端剛性の強い【ファルコンシャフト】がボールを強く、前へと打ち出してくれる。バンカーやディボット跡のような悪いライでは、『UFO』の特徴が十分に発揮される。これは、トラブルショットに苦戦する我々アマチュアには嬉しい機能だ。

『UFO』のフェースは、キャスコ独自の素材「鍛造スーパーハイテン」だ。逆L型のカップフェースを採用し、フェースのたわみ範囲を拡大して反発を高めた上、オフセンターヒット時も飛距離ロスが少ないという。硬度の強い素材でありながら、ボールがフェースにくっつく時間が感じられる球持ちの良さも持ち合わせている。『UFO』は、見た目の安心感と打感、打音の良さがあり、機能追求のためにフィーリングを犠牲にしていない。このあたりは、10代20年にわたって続いてきたブランドならではの強みではないだろうか。

『UFO』は、初中級者はもちろん、ベテランゴルファーからプロまで、幅広いゴルファーにマッチするクラブに仕上がっている快作だ。打ってみれば、この“UFO”を彷彿する形状に魅力を感じることだろう。


※撮影協力 千葉カントリークラブ川間コース
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
初日ペアリング
「エリートグリップシニアOP」が今週開幕! 初日のペアリングはこちら
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!