バンカーの砂の中からボールを拾い上げた後、元のライに戻せない|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > バンカーの砂の中からボールを拾い上げた後

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問バンカーの砂の中からボールを拾い上げた後、元のライに戻せない

ボールはバンカーの壁を直撃し、サラサラの砂の中にほとんど埋まってしまいました。そこで確認のために一度拾い上げたのですが、最後に元のライに戻せません。このような場合はどのようにすれば良いのでしょうか。

回答可能な限り元どおりのライに戻し、ボールをプレースすればよい

まずは、規則12-2「球の確認」に、「プレーヤーは止まっている球が自分のものであると思う理由があり、確認のためにその球を拾い上げる必要がある場合、プレーヤーは球の確認のために罰なしにその球を拾い上げることができる」とあり、バンカー内でも、以下に続く規定どおりに行えば、ボールを拾い上げて確認することができる。 その規定とは、「プレーヤーは、球を拾い上げる前に、ストロークプレーではマーカー同伴競技者に球を確かめる意思を前もって知らせて、球の位置をマークしなければならない。そのあとプレーヤーは、マーカー同伴競技者に球の拾い上げとリプレースに立会う機会を与えれば球を拾い上げて自分の球であるかどうかを確めることができる」。なお、この際には、拾い上げたボールは確認に必要な程度以上に球をふいてはならない。 さて、質問のケースだが、この手順を踏んで拾い上げたのであれば問題はないが、正しい手順を怠っていた場合は、(それがプレーヤーのボールであれば)1打罰となる。 そのうえで、ボールはリプレースされなければならないのだが、それが上手く復元できないという。その場合は、規則20-3b「プレースリプレースする球のライが変えられた場合」の規定により、「バンカー内では、初めのライとほぼ同様のライを復元して、そのライにその球をプレース」とあるので、可能な限り元の状態に戻せばよい。 正しい処理をして確認のため拾うのは構わない。復元しづらいライも、可能な限り戻して無罰でリプレースが可能。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!