同伴プレーヤーのショットで飛んだ泥や切れ芝がボールの上に付着|ゴルフのポータルサイトALBA.net

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > ジェネラルエリア編 > 同伴プレーヤーのショットで飛んだ泥や切れ

戸張捷のルール&マナー

ジェネラルエリア編

質問同伴プレーヤーのショットで飛んだ泥や切れ芝がボールの上に付着

フェアウェイの芝付きが悪く、ベアグラウンドが残るコースで、同伴競技者が大ダフリ。それで飛んだ泥が少し前にあった自分のボールの上に落ち、ボールは泥と切れ芝まみれになってしまいました。このようなとき、救済があるのでしょうか。

回答ボールが止まった後にその状態やライが変えられた場合は元の状態に 戻すことができる

ゴルフは、インプレーのボールをあるがままにプレーする競技であるが、ボールが止まった後にライが変えられた場合は、(すべてではないが)プレーヤーはオリジナルのライやボールの状態に戻すことが認められている。

しばしば目にするのは、ガードバンカーから叩き出された砂がすぐ先のカラーに止まっていたボールの上に降り注いだ場合。そのようなとき、プレーヤーはボールの状態やライを元に戻すことができる。

ただし、あくまでも規則上の「救済」ではないので、別のボールに取り換えることはできない。

まず、規則8−1dに、プレーヤーのボールが止まった後、ストロークに影響を及ぼす状態が悪化したときとして、それが「プレーヤー以外の人、または動物、人工物によって悪化した場合」は、罰なしで、「できる限りほぼ同様に元の状態に復元することができる」とあり、ボールに泥や切れ芝が乗ったり、付着した場合は、「(元の状態に復元するためにそうすることが合理的な場合は)球の箇所をマークして拾い上げて、ふいて、その球を元の箇所にリプレースする」ことができると規定されている。

ボールのライも悪化しているのであれば、元の状態に戻すことができる。

ただし、その悪化がプレーヤー本人や自然物、自然の力(例えば、風、水)によるものだったときは、元の状態に戻すことはできない。

元に戻したときは、いわゆる不正な「ライの改善」に当たり、プレーヤーには一般の罰=2ペナが課せられる。

例えば、「ボールのすぐ近くに立つ樹木から枝が落ち、プレーヤーの球のライスタンススイング区域を変えた」という場合、プレーヤーはボールをそのまま、あるがままの状態でプレーしなければならない。

『ALBA 795号(2020年4月23日発売号)』より

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!