ニヤレストポイントをマークせず、適当な地点にドロップした|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > ニヤレストポイントをマークせず、適当な地

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問ニヤレストポイントをマークせず、適当な地点にドロップした

カート道路上に止まったボールの救済についてです。プレーの進行を急いでいたので、ドロップをする際に、ニヤレストポイントにマークをせず、道路の端から1クラブレングスほど離れた地点にドロップしました。すると、ラウンド後、仲間から「競技だったら違反だよ」と言われました。この指摘は正しいのでしょうか。

ニヤレストポイントにマークをしなくても正しい位置にドロップできれば違反ではない。

回答ニヤレストポイントを求めることは、省いても違反ではない

カート道路上にボールが止まっていた場合、ルール上、「動かせない障害物」からの救済を受けることができる。

その救済方法は、このケースのようなスルーザグリーンでは、「プレーヤーは罰なしにその球を拾い上げて、(a)救済のニヤレストポイントから1クラブレングス以内で、(b)救済のニヤレストポイントよりもホールに近づかない所にその球をドロップしなければならない」(規則24−2b)。

そこで今回のケースだが、この規定では、「救済のニヤレストポイントを決めなければならない」とはなっていない。つまり、同条文は救済処置の必要条件を示しているだけで、この手順で処理しなければ違反になるというものではない。

そして、その必要条件とは、プレーヤーは「救済のニヤレストポイントから1クラブレングス以内」で、かつ「同ポイントよりもホールに近づかない所」にドロップしなければならないということだ。

ドロップした地点がこの条件を満たしておれば、最初に救済のニヤレストポイントを求め、マークしてなくても違反ではない。

もちろん、この条件に反する地点にドロップし、プレーを進めた場合、プレーヤーは「誤所からのプレー」となり、2打罰となる。

こうしたことは、「救済のニヤレストポイント」に限ったことではない。例えば、ウォーターハザードからの救済だが、普通はウォーターハザードの限界を最後に横切ったポイント(=エントリーポイント)を最初に求め、そのポイントとピンを結んだ後方線上にドロップする。

しかし、ルール上、プレーヤーはそのエントリーポイントを求め、マークする必要はない。結果として、前記の正しい位置にドロップしておればルール違反ではない。

プレーヤーが「救済のニヤレストポイント」や「エントリーポイント」を求めて、そこにマークするのは、プレーヤー自身が確実に正しい地点にドロップするための手順であり、他に疑念を抱かせないマナーでもある。

『ALBA 742号(2018年2月8日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!