球の下に木の根がないか確認するため土にティを刺せる?|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 球の下に木の根がないか確認するため土にテ

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問球の下に木の根がないか確認するため土にティを刺せる?

一緒に回る仲間のひとりが、林に打ち込んだボールの前にかがんでいました。近づくと、「ボールのすぐ下に、木の根が張っているようなんだ。下手に打つと手を痛めるから、ボールの周りにティを刺して確認したいんだけど。ルール的にどうなの?」と聞くのです。そのときは、刺して確認しましたが、本当はどうなのでしょう?

地面に固着しているか確認するためにティなどを刺すことが認められている。

回答球のライやスイングの区域などを改善することがなければ違反ではない

確かにスイングしたとき、ボールのすぐ下の地中に木の根が張っていたり、大きな石や岩が隠れていた場合、そのまま普通に打ってしまうと手を痛めたり、クラブを破損する可能性がある。

そこで、このプレーヤーはボールの周りの土にティを刺し、地中に根などがないか、確認したいけど、そうすると規則13の「球はあるがままの状態でプレー」などの違反にならないか?というのだ。

実は今回のようなケースで同規則に違反することはないし、他に抵触する規則もない。

R&Aの裁定集では次のように裁定されている。

「球のライや意図するスタンススイングの区域、プレーの線が改善されることなく、また球が動かされることもなければ、プレーヤーが地面にティペッグなどを刺してみることはかまわない」

球を動かさなければ、地面の確認は可能なのだ。さらに、ここでは自然物だったが、それ以外に「動かせない障害物」についても、地中に隠れていないかを確認するため、ティなどを刺すことが認められる、としている。

また、スイングの障害になりそうな自然物(例えば、枯れたような草がボールのすぐ後ろにあった場合)が、根の付いた成長物か、あるいは根から離れたルースインペディメントかを確認するために触って動かしてみたいという質問についても、R&Aは「その物が根なしのものであるかどうかという目的のために自然物を動かすことができる」と認めている。

しかし、その自然物が地面に固着していると分かったときは、そこから切り離してはならない。もし、動かしてしまった場合は、ストローク前に元の位置に戻すことと、裁定している。これを怠ったときは、規則13−2違反でプレーヤーに2打のペナルティが科せられる。

ちなみに、グリーン上のパットの線上に、例えばささくれ立った芝があり、それがルースインペディメントでは?と疑われるときも、同じように確認のため、地面に触ることができる。

『ALBA 733号(2017年9月28日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!