深いラフに入った球を一旦見つけたのに、再度見失ってしまう|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 深いラフに入った球を一旦見つけたのに、再

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問深いラフに入った球を一旦見つけたのに、再度見失ってしまう

深いラフに入り、ロストになりそうなボールを何とか見つけたのですが、クラブを取りにカートに行って戻ってきたら、さっき見つけたボールが見当たりません。この場合、ボール探しはそこから新たに5分間許されるのでしょうか?

1つのボール探しに費やせる時間はトータル5分。一度見つけて見失った場合でもリセットされない。

回答一旦見つけてもボール探しの時間は探し始めてから5分

夏場の深く、元気よく育ったラフ。その間にすっぽりと入ったボールは、真上からのぞきこまないと見えないことがある。一旦見つけたボールでも、見失う可能性は大いにある。

そこでこのケースだが、プレーヤーはボールを探し始めてから2〜3分後に自分のボールを見つけた。しかし、クラブを取りに一旦その場を離れると、次に見つけられなくなった、というのである。

この場合、さらにボール探しに許される時間は、あくまでも「最初にボールを探し始めてから5分間」なのか、それとも一旦見つかった時点で時計はリセットされ、再度5分間ボールを探すことができるのか、という質問である。

答えは前者。例えば、最初にボールを見つけたのが探し始めてから2分後であれば、次にカートから戻って再度ボール探しに当てられるのは、残り3分間となる。

再度3分間ボールを探したが、ついに見つけられなかったとき、そのボールは紛失球となり、プレーヤーは1罰打の上、そのボールを最後にプレーした位置に戻って打ち直さなければならない。

制限時間を経過後にボールを発見しても、そのボールは既に「紛失球」、つまり「インプレーのボール」ではないので、ストロークを行った場合は2罰打。そのうえで、プレーヤーは前述の打ち直しの処置をとらなければ競技失格になる。

『ALBA 706号(2016年8月10日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!