ウォーターハザードにかかる橋の上にボールが止まった|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]ウォーターハザード編 > ウォーターハザードにかかる橋の上にボール

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]ウォーターハザード編

質問ウォーターハザードにかかる橋の上にボールが止まった

池の手前から打ったボールをチョロ。ボールは池にかかる橋の上に乗った所で止まってしまいました。この場合、ボールはハザード内にあるボールの扱いとなるのでしょうか。それとも、動かせない障害物からの救済が受けられる?それとも?

橋は障害物と見なされ、直接打つ場合にクラブをソールしても問題ない

回答橋の上の面は、ハザード内の地面ではないのでソールできる

ボールはウォーターハザードを渡る橋の上に止まった。そこはウォーターハザードの境界線の内側、つまりハザード内だった。この場合、ボールはハザード内だが、スタンス時に橋の上にソールできるか? それとも救済が受けられるか?という質問である。 まず、規則24―2bにより、ボールがウォーターハザード内にあるときは「動かせない障害物」からの救済は受けられない。なので、このケースでは1打罰の救済を受けるか、そのままプレーするか、となる。 しかし、ボールがハザード内にあるときは、前問にあったように、プレーヤーはストローク前に「そのハザードの地面や水面に手やクラブで触れること」は禁止されている(規則13―4)。ところが、同規則には「注」があり、「いつでも、プレーヤーはハザード内の次のものにクラブなどで触れることができる」として、そのひとつに「障害物」が挙げられている。 また、R&Aの裁定では「橋は障害物である。ウォーターハザード内の障害物はハザード内の地面ではないので、アドレス前に橋面にクラブをつけることも許される」とされている。 つまり、このケースでは、「動かせない障害物」である橋からの救済はないが、そのままプレーする際には、プレーヤーは橋の上にソールして打つことができる。 『ALBA 695号(2016年2月25日発売号)より』

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!