バンカー内での素振りでクラブヘッドが生えている草に触れる|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > バンカー内での素振りでクラブヘッドが生え

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問バンカー内での素振りでクラブヘッドが生えている草に触れる

フェアウェイバンカーからのショットの際、何度か素振りを繰り返しているうちに、バンカー内に伸びていた草にクラブが触れてしまいました。直接、バンカーの砂には触れていませんが、ペナルティの対象でしょうか?

回答バンカー内の生長物にはいつ触れても無罰

 ボールがバンカー内にあるときは、そのバンカー内の地面に自分の手やクラブで触れることはできない(違反した場合は2打罰)。

 しかし、この規則13-4の「注」には、「アドレス時やバックスイングの際も含め、いつでも、プレーヤーはハザード内の次のものにクラブなどで触れることができる」として、「障害物、コースと不可分の部分と指定された構築物、草などの生長物」が指定されている。

 つまり、ルール上、バンカー内の生長物はいつでも触れて構わないということ。なので、このケースは無罰である。

 また、同規則13-4には、バンカー内の砂に触れても罰せられない、いくつかの「例外」が付記されている。

 ひとつは、バンカー内で転んだとき。あるいは、転びそうになるのを防ぐとき。さらに、規則に基づいて、バンカー内の障害物を取り除くとき。ボールの位置をマークしたり、そのマークを拾い上げるとき。ボールを拾い上げたり、プレースするときなども、地面に触れても違反にならない。

 また、バンカー内に持ち込んだクラブを砂の上に置くことも認められている。もちろん、その際に砂の状態をテストしてはならない。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!