フカフカのラフでソールするとヘッドが沈み込んだ|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > フカフカのラフでソールするとヘッドが沈み

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問フカフカのラフでソールするとヘッドが沈み込んだ

ボールは密集した深いラフの芝の上に乗っていました。その芝がフカフカだったため、クラブをボールの後ろに軽く置いただけでヘッドが沈み込みました。ボールは動いていませんが、ライの改善になるのでしょうか?

回答球の後ろにクラブをごく軽くつけることは認められている

 ボールのすぐ後ろの芝にクラブを置いた結果、ボールが動いたのであれば(垂直方向に沈む場合も含め)、プレーヤーは「止まっている球を動かした」ことになり、元の場所に戻さなければ規則18-2違反で1打罰を付加し、ボールはリプレースしなければならない(リプレース違反は2打罰)。

 一方、このケースは、ボールは動かさなかったが、スイング区域の芝を動かしたと見なされ、やはり規則13-2の「クラブを地面に押し付けることにより、意図するスイング区域の改善」を行った違反になるのか? という質問である。

 しかし、同規則では、「クラブをごく軽く地面につけること」は認めている。このケースも、プレーヤーはクラブに力を入れず、芝の上にただ置いただけなので、「意図するスイング区域の改善」違反には当たらない。

 これに似たケースに、ウォーターハザード内の芝に止まったボールに対するアドレス時の問題がある。この場合、規則13―4により「そのハザード内の地面に、自分の手やクラブで触れること」は禁止されており、クラブを芝に強く押し付けることはできない。

 だが、芝自体は地面ではないので、触れることはかまわない。では、どこまで認められるかというと、R&Aは「クラブの重みで芝が沈むところまで沈んだとき、クラブを地面に触れたとみなされる」と裁定している。

 軽く触れる程度であればOKだが、クラブを芝の上に置いたままにしておくと、やがて違反状態になるということだ。

【参考規則13-2、13-4、18-2】

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!