同伴競技者がパットの線上を触れているように見えた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > 同伴競技者がパットの線上を触れているよう

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問同伴競技者がパットの線上を触れているように見えた

グリーン上で、同伴プレーヤーが指の裏でライン上の芝を押し付けたように見えました。ホールアウト後に尋ねると、「そんなことはしていない」との答え。その後も続けているように見えたのですが、違反を問うことはできませんか?

回答スコアカード提出前に競技委員に申告し裁定を仰ぐ

 グリーン上、同伴プレーヤーがパッティングのライン上のルースインペディメントを取り除く際に、あわせて指の裏で芝を押し付けるような動きを見せた、というのである。

 ルール上、プレーヤーは「パットの線に触れてはならない」というのが基本。ただし、ルースインペディメントを取り除くときは触れても許されるが、その際も「何も押さえ付けないこと」と規定されている。

 同伴競技者にそのような動きが見えたので確認したが、否定された。しかし、その後も同様の疑わしい動きがあったというのだ。

 このようなケースでは、スコア提出前に競技委員に裁定を仰ぐべきであろう。競技委員はその同伴競技者に確認。どのような動きをしたかを聞いて、違反の有無を判断することになる。

 なお、R&Aの裁定には、次のような例がある。パットのライン上のルースインペディメントを手のひらで10回以上も払ってのける動きに対して「パッティンググリーンの表面を擦るということから、何かを押さえつけたかどうか疑わしい場合はプレーヤーに不利に解決されるべきである」とされている。

 グリーン面を10回も払った(=擦る)ことが、実質的に(芝などを)押さえ付けることになった可能性がある場合は、違反とすべきという裁定である。本人が否定しても、事実問題として押さえ付けたことが認められれば、プレーヤーに不利に、ということだ。

【参考規則16-1a】

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!