バンカー内でスタンスしたところでボールが動いた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > バンカー内でスタンスしたところでボールが

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問バンカー内でスタンスしたところでボールが動いた

バンカー内でスタンスを取った後、打とうとする前に、ボールが勝手にコロがってしまいました。ボールを動かすようなことはしていなかったので、斜面に止まっていたのが、風の影響で動いたのだと思います。この場合、ペナルティは?

回答プレーヤーが球を動かす原因でなければ無罰

 これは事実問題なので、そのときの状況が分からなければ、どう処理すべきかを判断することはできない。

 基本的に、プレーヤーがボールに近づいたことやスタンスを取る動き(例えば、振動や、蹴った砂がボールに当たるなど)が原因でボールが動いた場合は、当然ながら規則違反となり、1罰打を付加したうえで、ボールはリプレースされなければいけない。しかし、原因がプレーヤーにないのであれば、スタンスを取った後でもプレーヤーに罰はなく、ボールはあるがままとなる。

 かつてのルールでは、アドレス後にボールが動いた場合は、自動的にプレーヤーが動かしたものと解釈された。そして、ハザード内では「プレーヤーがスタンスをとったときに、球にアドレスしたことになる」と定義されており、このケースも当然ペナルティの対象になった。

 ところが、現在のルールではアドレスの定義は「プレーヤーはスタンスをとっていたかどうかにかかわらず、球の直前、または直後の地面にクラブを置いたときに、そのプレーヤーは“球にアドレス”したことになる」とされている。つまりヘッドをソールできないハザード内では、プレーヤーはアドレスなしにストロークをすることになる。そのため、スタンスを取ったか取らないかは関係なく、ボールが動いた原因がプレーヤーにあるかどうかのみが問われることとなる。

【参考規則18-2】


【結論】
バンカー内の傾斜にボールがある場合は、ちょっとの振動で動いてしまう可能性も。動いた原因によって処置は変わってくる

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!