ティショットの球がティマーカーのそばに止まった|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]ティーグラウンド編 > ティショットの球がティマーカーのそばに止

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]ティーグラウンド編

質問ティショットの球がティマーカーのそばに止まった

ティショットをチョロ。ボールは前方のレディスティのティマーカーのすぐ後ろに止まってしまいました。この場合のティマーカーはどう扱えばいいのでしょう。
動かせる障害物? 動かせない障害物? それとも固定物?

回答ティショット後のティマーカーは「動かせる障害物」

 ティマーカーは、規則によりプレーヤーがティショットを打つまでは「固定物」と見なされる。そのため、自分のスタンスや意図するスイング、プレーの線の妨げになるからといって、プレーヤーがティマーカーを動かしたり、動かすのを許したときは、2罰打の付加となる。

 しかし、ティショットを終えたあとは、R&Aの裁定に「ティマーカー動かせる障害物となる」とある。

 そのため、このケースはもちろん、(ティショット後は)そのホールのティマーカーがプレーの邪魔になるからと動かしても、それは「動かせる障害物」であり、無罰である。もちろん、その際にボールが動いたときは、リプレースしてプレーを続ける。また、ボールが動いた原因がティマーカーを取り除こうとした動作と直接的に結びつけられる場合は無罰である。つまり、今回のケースでは、レディスティのティマーカーを動かして第2打を打てばいい。

 当然のことながら、ティショットでチョロをしないのが一番だ。ただ、チョロをしてレディスティに止まるのは、そう珍しい話ではない。「ティマーカーは固定物だから」とアンプレヤブルなどをしてはもったいない。いざというときのために、是非覚えておきたいルールだ。

【参考規則11-2】


【結論】
ティショットを打てば、その瞬間にティマーカーは「固定物」から「動かせる障害物」に変わる

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!