同じようなところに止まった初球と暫定球の識別ができない|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 同じようなところに止まった初球と暫定球の

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問同じようなところに止まった初球と暫定球の識別ができない

ティショットOBの方向に飛んだので暫定球を打ったのですが、行ってみると、暫定球と初球が同じような場所にありました。ところが、ボールは同じナンバーで、マーキングもしておらず、区別がつきません。どう処理すれば…?

回答両球ともセーフの場合好きなほうの球を暫定球とする

 初球と暫定球の識別ができないという場合だが、ボールの状況により、いろんなケースが考えられる。

 まず、両球ともセーフ(インバウンズ)の場合。以前は、たとえ両球ともにセーフでも自分のインプレーのボールを確認できないのだから、両球とも紛失球扱いにすべき、とされていた。しかし、R&A裁定の近年の改訂により、「プレーヤーにティインググラウンドに戻って5打目をプレーさせることは公正と思われない」となり、裁定内容が変わった。現在は、「プレーヤーがどちらかのボールを選んで、それを暫定球として扱い(次が第4打)、他方のボールは放棄しなければならない」とされている。

 次に、一方のボールがOB(もしくは見つからない)で、他方がセーフという場合、セーフのボールを暫定球としてプレーしなければならないことを追記しておこう。

 また、一方がOB(もしくは見つからない)で、他方がウォーターハザード内から見つかった場合も、同じくウォーターハザード内のボールを暫定球と見なして、次のプレーをしなければならない。ちなみに、初球と暫定球の識別ではなく、プレーヤーと同伴競技者がまったく同じボールを使用し、識別ができなくなった場合は、ともに紛失球扱いとしなければならない。

 やはり、ルールとマナーの両面から、識別のマーキングは忘れずに。

【参考規則27】

【結論】
どちらかの球を選び、そのボールを暫定球とする。そして、次のショットを第4打としてプレーを再開しよう。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!