バンカー内の球のすぐ前にある同伴競技者の球|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > バンカー内の球のすぐ前にある同伴競技者の

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問バンカー内の球のすぐ前にある同伴競技者の球

バンカー内の自分のボールのすぐ前に同伴プレーヤーのボールが止まっていました。そのボールはマークしてもらったのですが、今度はそのマークが気になりました。ルール上は、我慢するしかないのでしょうか?

回答目障りなマークを取り除いてもらう規則は無い

 このケースでは、ルール上、プレーヤーはそのままでの状態でプレーしなければならない。

 まず、このようなケースでのプレーの進め方だが、プレーヤーは同伴競技者のボールが自分のプレーの邪魔になると考えた場合、プレーヤーはそのボールを拾い上げてもらうことができる。一方、拾い上げを求められた同伴競技者はマークをしたうえでボールを拾い上げるか、それが嫌であれば先にプレーしなければならない。いずれにしろ、プレーヤー側が「ボールがプレーの妨げになる」と考える状態をなくさなければならないのだ。ボールを拾い上げた場合は、そのボールを拭くことはできない。違反は1罰打の付加となる。

 プレーヤーのバンカーショット後、ボールはリプレースされなければならない。このとき、ショットによってライが変わった場合は、ショット前のライにできる限り復元して、ボールをリプレースすること。

 さて、このケースではボールの代わりに置かれたマークが気になるという。しかし、規則書にはこれを動かしてもらえる規則はない。マークは小さなものだし、前記のようにたとえ動かしても元のライに復元するので、気にせずにショットしてください、というしかない。

 なお、同伴競技者のボールがどれくらい近ければ拾い上げを要求できるかといえば、規則上、プレーヤーが―物理的でなく、精神的にでも―プレーの妨げになると考えれば、拾い上げてもらうことができる。

【参考規則、21、22】

【結論】
同伴競技者のボールが気になる場合は拾い上げを要求できるが、マーカーは我慢するしかない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!