ボールの入っていないバンカーの砂の硬さを確認するために触った|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > ボールの入っていないバンカーの砂の硬さを

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問ボールの入っていないバンカーの砂の硬さを確認するために触った

ガードバンカー手前からのアプローチ。自分の順番を待つ間に、目の前のバンカーの砂が硬くしまっているのか、それとも柔らかいのかを確認するために、砂に触れてみました。ルール上、問題はなかったのでしょうか?

回答プレーの線の改善がない限りルール上の問題はない

良く知らないゴルフ場では、そこのバンカーの砂が硬くしまっているのか、それとも柔らかい状態でボールが真上から落ちると目玉になりやすいのか、などを知るために砂の状態を確認したくなる気持ちは分かる。このプレーヤーも、おそらく自分の打順が来るまでの待ち時間にそうした気持ちからつい砂に触れたのだろう。

ルール上、このような行為を禁止する規則はない。

まず、プレーヤーは「球の位置やライ」「意図するスタンススイングの区域」「プレーの線」、それと「ドロッププレースする場所」に触れるなどして、その状態を改善してはならない(違反した場合は2罰打の付加)と規定している。

それゆえ、例えばこのケースと似た状況だが、ボールとホールの間にある、つまりはライン上にある(ボールが入っていない)バンカー内の凹凸をならすことは、「プレーの線」の改善となり同規則違反である。

しかし、(ボールの入っていない)目の前のバンカーパターでコロがして越すことができるかどうかを判断するために、バンカーに触れて状態を確認することは、「プレーの線」の改善がない限り、禁止にはされていない(両事例ともR&Aの裁定集に記載)。

ということから、このケースの行為も許される。もちろん、ボールがそのバンカー内にあるときは、ストローク前に砂に触ることはできないのは言うまでもないだろう。

【参考規則13ー2】

<ポイント>
ボールがバンカー外にある場合、プレーの線上でなければ砂に触れることは許される

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!