リプレースするボールの元の状態が分からない|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > リプレースするボールの元の状態が分からな

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問リプレースするボールの元の状態が分からない

深いラフに入ったボールを探している途中、近くに隠れていた同伴プレーヤーのボールを誤って蹴ってしまいました。リプレースしようにも、元の状態が不確かなのですが、このような場合はどのように処理すれば?

回答リプレースの箇所が確定できない場合はドロップの処置になる

基本的に、同伴競技者のボールを誤って動かした場合は「局外者」であるプレーヤーに罰はなく、そのボールはリプレースされなければならない。リプレースするのは誤って動かしたプレーヤーでもいいし、そのボールの持ち主である同伴競技者でもいい。

だがそれは、初めのボールのライに変化がなく、リプレースの箇所もきちんと分かっている場合の処理。

このケースでは、もともとボールは深い草に隠れて見えていなかったので(リプレース地点は分かったとしても)そこでボールがどのような状態で止まっていたかは分からない(第一、初めのライそのものも、プレーヤーに踏みつけられて変わっているのかもしれない)。

このような場合は「リプレースする箇所を確定できない場合」となり、ボールの持ち主である同伴競技者が、ボールがもとあった箇所にできるだけ近い所に、その球をドロップしなければならない。

ちなみに、ボールの初めのライが分かっていた場合(例えば、ラフに沈まず、上に乗っているのが見えていた 等)は、「リプレースする球のライが変えられた場合」に当たり、前問と同じく、ボールはホールに近づかず、初めのライから1クラブレングス以内の、ハザード以外の場所で初めのライに最も似ていて最も近いライプレースしなければならない。

この場合、プレースするのは、ボールの持ち主が行わなければならないので注意しよう。

【参考規則18ー1、20ー3】

<ポイント>
リプレースする箇所が確定できない場合は、ボールの持ち主がドロップしよう

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

米男ツアー「トラベラーズ選手権」速報
小平智が出場する「トラベラーズ選手権」速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!