同伴競技者に当たった球をあるがままでプレーを続けた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > 同伴競技者に当たった球をあるがままでプレ

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問同伴競技者に当たった球をあるがままでプレーを続けた

ガードバンカーからのショットをホームラン。ボールは、グリーンの反対側を歩いていた同伴プレーヤーに当たってしまいました。無罰で、ボールはあるがままでプレーを続けたのですが、正しい処理だったのでしょうか。

回答ラブオブザグリーンで誰にも罰はなく、ボールはあるがまま

結論から言うと、その処置で正解。なぜなら、プレーヤーの動いているボールが偶然に局外者(同伴競技者を含む)によって動きを止められたり、動いている方向を変えられたときは、ルール上「ラブ・オブ・ザ・グリーン」と呼ばれ誰にも罰はなく、ボールはあるがままの状態で次のプレーを行わなければならないからである。

この「ラブ・オブ・ザ・グリーン」は、同伴競技者というよりプロのトーナメントでギャラリーに当たったときなどに適用される規則で、しばしば使われる。

ただし、そのボールが同伴競技者のポケットの中に入ったというようなとき(動いている局外者の中や、上に止まった場合)は、止まったところの真下、できるだけ近いところで、ホールに近づかない箇所にドロップしなければならない。

また、打ったボールが局外者によって「故意に」動きを止められたり、動いている方向を変えられたときは、その行為がなければその打球が止まっていたであろう箇所を推定したうえで、

その箇所が
(1)「スルーザグリーンあるいはハザード内の場合は、球をその箇所にできるだけ近いところにドロップしなければならない」
(2)「OBの場合、OBの規則に基づいて処置しなければならない」
(3)「パッティンググリーン上の場合、球はその箇所にプレースしなければならない」

となっている。

【参考規則19ー1】

<ポイント>
イレギュラーなバンカーショットなどはホームランしやすいが、局外者によって偶然動きを止められた場合はそのままプレーを続けるのが正解

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!