カラー上の球が、同伴競技者のプレーの線上にある|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > カラー上の球が、同伴競技者のプレーの線上

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問カラー上の球が、同伴競技者のプレーの線上にある

カラーに止まった自分のボールが、グリーン外からアプローチをする同伴プレーヤーのライン上にありました。そのままではプレーの邪魔になると思い、勝手にボールをマークして、拾い上げました。ルール違反だったでしょうか。

回答同伴競技者から拾い上げの要求がなければルール違反

このようなケースで、プレーヤーがグリーン外に止まっている自分のボールを「同伴プレーヤーのプレーの邪魔になりそうだから」と判断しただけで、勝手に拾い上げることはできない。そのときは、ルール上「止まっているボールがプレーヤー自身により動かされた」ことになり、1罰打の付加。ボールはリプレースされなければならない。

ところが、同じ状況でもアプローチをする同伴プレーヤー側がプレーヤーに「アプローチの邪魔になるから拾い上げて」と要求することはできる。

そのため、ここでもプレーヤーのほうから同伴プレーヤーに「このボールは邪魔になりませんか?邪魔なら拾い上げましょうか?」と確認。その結果、拾い上げ要求の意思が示されたなら、マーク後、拾い上げることができる。

なお、この規則により拾い上げられたボールは拭くことはできない。ピックアップしたボールは、いつものようについ拭きたくなるので注意のこと。また、同伴プレーヤー側から拾い上げ要求があった場合、規則上は拾い上げる代わりに、先にプレーすることもできる。

もうひとつ、似たような状況でも(実際にはほとんどありえないが)、反対にプレーヤーが「自分のボールが同伴プレーヤーの援助になるかも知れない」と考えた場合、自分のボールを無罰で緊急避難的に拾い上げることができる。

【参考規則1ー2、22ー1、22ー2】

<ポイント>
アプローチをするプレーヤーから要求されたときは、ボールがカラーにあってもピックアップできる

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!