同伴競技者が動かした共用カートに、ボールを当てた可能性がある|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 同伴競技者が動かした共用カートに、ボール

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問同伴競技者が動かした共用カートに、ボールを当てた可能性がある

バンカーショットをホームラン。ボールは、同伴プレーヤーが動かして止めてあった共用の乗用カートの脇にありました。カートに当たったのかは不明です。また、そこにカートがあったことは知りませんでした。この場合の罰則は?

回答プレーヤー側に認識がなければ無罰で球はあるがまま

結論から言えば、このケースのプレーヤーは無罰で、ボールはあるがままの状態で次のプレーをすればよい。まず、共用といっても自分が使っているカート(とそれに積まれたすべての搭載品)は、ストロークをしているときは、自分の「携帯品」とされる。だから、基本的にプレーヤーのボールが共用カートに当たったときは1罰打の付加となる。

このペナルティは、例えば共用キャディが動かしたカートに、プレーヤーがそこにあることを知らずにボールを当てた、という場合でも同じ。そのときの共用キャディはプレーヤーのキャディでもあり、キャディが動かしたカートはプレーヤーの携帯品となる。

また、同伴競技者が動かしているカート、あるいは動かして止めたカートであっても、プレーヤーがカートの状況を見て、認識していたのであれば、やはりボールを当てると1打罰となる。

ところが、このケースのように同伴競技者が動かして、そこにあることを知らなかったカートは、「公正の理念」によってプレーヤーの携帯品とはみなされない。だから、たとえプレーヤーのボールがカートに当たっても無罰であり、ボールはあるがままでプレーを続けなければならない。

ちなみに、同様のケースでボールがカートの中、もしくは上に乗って止まった場合も、やはり無罰で、ボールは止まっていた場所の真下の地点で、ホールに近づかないできるだけ近いところに、ドロップしなければならない。

【参考規則19ー2】

<ポイント>
プレーヤーが、同伴者の動かしたカートの位置を知らなかった場合は、ペナルティはない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!