2度打ちしたボールが木に当たって跳ね返り自分にも当たった|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 2度打ちしたボールが木に当たって跳ね返り

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問2度打ちしたボールが木に当たって跳ね返り自分にも当たった

ラフから打ったボールが2度打ちとなったうえ、ボールは立木で跳ね返り、自分にも当たってしまいました。2度打ちも、自分にボールが当たることもペナルティなのはわかっていますが、このような場合はどうすればいいのでしょうか。

回答重複違反に対する罰は基本的に1つで済むケースが多い

2度打ちは、ラフからふわりと上げようとするデリケートなショットを試みた際に、ありがちな失敗だ。その場合(3度打ち以上でも同じ)、ルール上はそのストロークをカウントしたうえで、1打の罰打を付加。ボールはそのままの状態でインプレーとなる。

そこでこのケースだが、2度打ちされたボールが立木に当たって跳ね返り、さらにプレーヤーに当たったという。

前記のように、2度打ちされたボールはそのままインプレーであるから、2度打ちの違反のあと、続けて「動いている球がプレーヤーによって方向を変えられたり、止められた場合」の違反が起きたことになる。この場合は同規則違反でさらに1罰打が課せられるのか?

しかし「1回の行為が2つの規則に違反する結果となる場合は、1つの罰が適用される」と『ゴルフ規則裁定集』には明記されている。つまり、基本的にひとつの行為の結果、起こった複数の違反(重複違反)はひとつの罰だけが課せられることになるのだ。今回のケースはこれに当たる。

やや状況が異なるが、例えばバンカーからパターでボールをコロがし出そうとした際、ストロークの前にプレーの線上にあるバンカー内の足跡をならした。これは「ラインの改善」と同時に、「ハザードの状態のテスト」の違反にも当たる。だが、罰則は1つだけ、2罰打の付加となる

【参考規則14ー4、19ー2】

<ポイント>
2つのペナルティが課せられることはないが、十分に注意したい状況であることに変わりはない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!