同伴競技者にボールマーカーを拾い上げられた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > 同伴競技者にボールマーカーを拾い上げられ

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問同伴競技者にボールマーカーを拾い上げられた

 ボールマーカー代わりに500円玉を使っていたところ、あるホールで同伴プレーヤーのひとりが誤って拾い上げてしまい、しかも元あった場所が分からなくなってしまいました。このような場合は、どう処理すれば?

回答元あった箇所にできるだけ近いところにプレース

 まず、この同伴競技者が故意ではなく、誤ってプレーヤーのボールマーカーを拾い上げたので、誰にも罰はなく、ボールマーカーは元あった場所にリプレースされなければならない。ところが、その場所を確定できない。このようなときは規則20-3cの規定によって処理することになる。

 同規則には、「球をプレースリプレースすべき箇所を確定できない場合は、次の処置をとらなければならない」として、パッティンググリーン上では、「ハザード以外の場所で、球があった箇所にできるだけ近い所に、その球をプレース」とある。そして、そのプレースはプレーヤー自身(チーム競技ではそのパートナーも可)が行うこと。「規則によってプレースを要する球は、プレーヤーかパートナーがプレースしなければならない。規則に基づいてリプレースされなければならない球は次の人がリプレースしなければならない。(規則20-3a)
(1)その球を拾い上げたり、動かした人
(2)プレーヤー
(3)プレーヤーのパートナー」


 同伴競技者がすぐに元の位置に戻すことができればそれでよし。気づくのが遅れ、元の箇所が不明のときはプレーヤー自身が、元あった箇所にできるだけ近いところにプレースすることになる。


【結論】
「お金が落ちてる!」と同伴者が間違ってマークを拾い上げてしまっても、故意でない限り誰にも罰はない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!