アプローチの際にグリーン上の球の拾い上げを要求|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > アプローチの際にグリーン上の球の拾い上げ

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問アプローチの際にグリーン上の球の拾い上げを要求

 アプローチの際、グリーンオンしている同伴プレーヤーのボールが自分のライン上にありました。マークを要求したところ、こちらがグリーン上にないので、本当はそのような要求はできないと言われました。本当でしょうか?

回答プレーの妨げになると判断できれば、拾い上げを要求できる

 このケースに該当するのは規則22-2「プレーの妨げになる球」で、その条文は、「他の球が自分のプレーの妨げになるかも知れないと考えた場合、プレーヤーはその球を拾い上げてもらうことができる。ただし、球が動いている場合を除く」となっている。

 つまり、プレーヤーのボールがどこにあろうが、あるいは妨げになりそうなボールがどこにあろうが関係なく、プレーヤーはプレーの妨げになりそうなボールを拾い上げてもらうことができる。ただし、拾い上げるボールについては、(このケースのようにグリーン上にある場合はいいが)グリーン外のボールは、拾い上げたあとそのボールを拭いてはならない。もしも拭いた場合は、規則21により1罰打の付加となる。

 また、拾い上げを要求されたプレーヤーは、ボールを拾い上げずに、先にプレーすることもできる。R&Aの裁定によれば、「プレーヤーは、物理的にであろうと精神的にであろうと、他のプレーヤーの球が自分のプレーの妨げとなる場合には、その球を拾い上げてもらうことができる」として、例えば同伴プレーヤーのボールがプレーのライン上ではなく、「視野の中に入って精神的な妨げとなる」という理由でも拾い上げを要求することができるとしている。

 あるいは、自分のところから30ヤードも先に止まったボールが、ちょうどピンと自分のボールを結んだプレーの線上にあるからと、拾い上げを要求することもできると裁定している。プレーの妨げになる合理的な可能性があれば、どこでも拾い上げを要求できるのだ。


【結論】
アプローチであっても、グリーン上の球が自分のプレーの妨げになりそうな場合は、拾い上げてもらうことができる

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!