木に当たり跳ね返った球がプレーヤーの持つクラブに当たった|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 木に当たり跳ね返った球がプレーヤーの持つ

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問木に当たり跳ね返った球がプレーヤーの持つクラブに当たった

 林の中からのショットで、リスクは承知で木と木の間を狙って打ったボールが、やはり木に当たって跳ね返り、自分が持つクラブに当たってしまいました。

 この場合でも、いわゆる2度打ちのペナルティとなるのでしょうか?

回答「2度打ち」ではないが、動いているボールを止めたので1打罰

 規則上、「2度打ち」は規則14-4で次のように規定されている。

「プレーヤーのクラブが1ストローク中に2回以上球に当たった場合、プレーヤーはそのストロークをカウントし、それに1打の罰を加えて合計2ストロークとしなければならない」

 あくまでも「1ストローク中」のクラブにボールが2度以上当った場合に「2度打ち」となるのである。しかし、このケースは、ストロークしたボールが木に当たって跳ね返り、そしてクラブにぶつかったのだから、規則上の「2度打ち」ではない。

 もちろん、それでノーペナルティというわけではない。プレーヤーは規則19-2「プレーヤーによって動いている球が方向を変えられたり止められた場合」に違反したことになる。「プレーヤーの球が自分自身によって偶然に方向を変えられたり、止められた場合、プレーヤーは1打の罰を受ける。その球はあるがままの状態でプレーされなければならない」

 つまり、木に当てたストロークに加え、1罰打の付加。ボールはあるがままの状態で次のプレーをすることになる。また、クラブに当たったボールが、続けてプレーヤーの身体やバッグなどの携帯品に当たっても罰打は1である。


【結論】
細い隙間を抜くようなショットを打つ際は、それ相応のペナルティも覚悟する必要がある

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!