OBゾーンから投げ戻された球をそうと知らずにプレーした|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]ティーグラウンド編 > OBゾーンから投げ戻された球をそうと知ら

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]ティーグラウンド編

質問OBゾーンから投げ戻された球をそうと知らずにプレーした

 ティショットOB方向へ。しかし、行ってみたらボールはラフにあったので、それでホールアウト。ところが、次のティで前の組の人から「ボールは道路から投げ返された」と知らされました。

この場合はどうなる?

回答公正の理念で無罰だが、次のティショット前なら1罰打で打ち直し

 ティショットOB区域の隣接道路方向に飛んだのだが、落ちたと思われる地点に行くとボールはラフにあった。当然、そのままそのボールでホールアウト。ところが、次のティに行くと、前の組の仲間から、あのボールは道路から投げ戻された、とのことだった。

 この場合は、どのように処理すべきなのか。

 まず、そのボールがOB区域に止まっていたとすれば、既にインプレーのボールではなかったので、その後のプレーは、本来は規則15-3「誤球のプレー」で2打罰のうえ、正球をプレーし直さなければならない。このケースでは正球はOBだったので、1打罰でティショットの打ち直しだ。

 ところが、プレーヤーはボールが投げ戻されたことを知らなかった。その場合、R&Aの裁定では「公正の理念(規則1-4)に従って、誤球のプレーに対しての罰はない」としたうえで、その後の処置については、「プレーヤーが問題の球がOBであったことを次のティインググラウンドからプレーする前に知ったときは、プレーヤーは引き返して規則27-1に基づいて処理しなければならない(=1打罰で元の位置から打ち直し)。ただし、次のティインググラウンドからプレーしたあとになって初めてその事実を知った場合は、誤球によるスコアのままでよい」とある。

 つまり、「誤球のプレー」については無罰だが、投げ戻されたボールであることを、次のホールのティショット前に知ったときは、前のティに戻って1打罰で打ち直さなければならない。


【結論】
OBから投げ戻されたボールだと、次のティショット前に知ったときは、OB球を打った場所に戻って1打罰で打ち直しになる

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!