バンカー内のボールのすぐ後ろに、松かさが枝から落ちてきた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > バンカー内のボールのすぐ後ろに、松かさが

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問バンカー内のボールのすぐ後ろに、松かさが枝から落ちてきた

バンカー内のボールに対し、スタンスを固めている最中、上空に張り出している松の枝から、松かさが落ちてきて、ボールのすぐ後ろで止まったので、思わず拾い上げてしまいました。あの行為はルール違反だったのでしょうか?
※(バンカー内ではルール上、アドレスという過程がなくなりましたので、ご注意を!)

回答自然現象で変化したライなので、元の状態に戻すことはできない

 ゴルフでは「公正の理念」により、プレーヤーは基本的にオリジナルのライからプレーできる。つまり、ストロークしたボールが止まったときの状態から、次のプレーを行う権利がある。だから、例えば同じバンカー内から同伴プレーヤーがバンカーショットをした結果、大量に飛び散った砂によって、自分のボールのライが変わった、という場合は、元のライに修復することができる。

 であれば、この場合も落ちてきた松かさは(規則13-4で触れたり、動かすことを禁止されているハザード内のルースインペディメントではあるが)もとのライに戻すために、あとから落ちてきた松かさは取り除けそうだが、R&Aの裁定では「自然現象の結果としてライが変えられたものである」からとして、そのままの状態でプレーしなければならないとしている(違反は規則13-4違反で2罰打の付加)。

 これは、例えばラフにあるボールが強風によって芝が揺れ動かされた結果、ライが変わってしまった、というようなケースと同じということ。  これと似たような場合でも、「同伴プレーヤーのショットによって飛ばされたディボットが、バンカー内のプレーヤーのボールのすぐ後ろに落ちた」という場合は、冒頭の「公正の理念」により無罰で取り除くことができる。

【結論】
グリーン上ではカップまでのライン上にある落ち葉のみならず、ボールが乗った落ち葉も取り除いてOK

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!