修理地からの救済を受け、 プレーを続行したボールが 誤球だと後で気づいた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 修理地からの救済を受け、 プレーを続行し

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問修理地からの救済を受け、 プレーを続行したボールが 誤球だと後で気づいた

修理地にあったボールを自分のものと早合点し、それを救済のドロップをしてプレーを続行。ところが、グリーン上でマークして拾い上げたら、誤球(ロストボール)でした。ルール上、正しくはこの後どのようにすれば?

回答この場合は「誤球」ではなく「取り替えられた球」でインプレー

 まず初めに、このとき修理地にあったボール(実際は破棄された、いわゆるロストボール)をそのままストロークすれば「誤球のプレー」で、規則15-3bによりプレーヤーは2罰打を付加したうえ、改めて正球をプレーし直さなければならなかった。この場合、誤球をプレーした打数はカウントされない。ところが、プレーヤーはその誤球のボールを拾い上げて、修理地からの救済のドロップをし たという。この場合、そのボールは誤球ではなく、プレーの途中での「取り替えられた球」となり、それがインプレーとなる。しかし、このケースでルールに従って「取り替えられた球」をプレーするには、規則27-1に基づいて処置しなければならない。  「いかなるときでも、プレーヤーは1打の罰のもとに、初めの球を最後にプレーした所のできるだけ近くで球をプレー(ストロークと距離の罰に基づく処置)することができる」    つまり、1打罰で前の位置から打ち直しをしなければならなかった。ところが、そうしなかったので、規則20-7「誤所からのプレー」が適用され、ストロークプレーでは20-7cにより、さらに2罰打の付加となる。  そのうえで、誤所の位置が重大な違反(打ち直しの元の地点より相当グリーンに近いとい った場合)である場合は、次のホールのティショットを行う前に、正しい地点(初球を最後にプレーした位置)から改めて打ち直さなければ、競技失格となる。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!