世界一のドラコン王になるために日本一のドラコン王が取り組んだこと | PICK UP

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > トレンド > トレンド関連コラム > 記事

トレンドTREND Column

世界一のドラコン王になるために日本一のドラコン王が取り組んだこと

取材・文/舩越園子(ゴルフジャーナリスト) 写真/山上忠

2022年07月22日

 
日本のドラコン王、豊永智大プロ。今回は技術面について語った
日本一のドラコン王になり、世界一のドラコン王を目指す豊永プロ。今年5月に米ネバダ州メスキートで開催された世界大会の予選を1位で通過し、現在は10月の決勝に向けて日々邁進している。

世界一を目指す上での考え方や姿勢、メンタル面の変化などについては、すでに前編でご紹介したが、今回は技術面の具体的な変化や取り組みを尋ねてみた。

↓前編の内容はコチラ!
https://www.alba.co.jp/trend/column/article?title_id=150&id=19521

【飛ばしたければ、「スロー・テークバック」】

ゆっくりテークバックすることが飛ばしの第一歩!
「飛ばすためには、とにかくクラブを速く速く振らなきゃいけないと思っていましたが、そう思えば思うほど、体がロックしちゃうんですよね」
昨夏以降、試行錯誤を繰り返しているときに、そう気が付いた豊永プロは、以後、テークバックを意図的にゆっくり引くようにしたという。

「ゆっくりテークバックして、リラックスしてトップへ持っていくことで運動エネルギーを貯めることができる。そして、素早く切り返し、シャフトのしなりを利用してエネルギーをリリースしていく。重要なのはテークバックと切り返し、それぞれのスピードとタイミングです。それがうまくできるようになれば、もっと飛距離は伸びます」

【閃いた「飛ばしのフットワーク」】

プロ野球の投手からヒントを得て、飛ばせるフットワークを習得
テクニカル面における大発見もあったと豊永プロは振り返った。

「両足の使い方を覚えました」

以前は、飛ばすためには体をしっかり支えようと考えていたのか、「ほぼ、べた足のままでした」しかし、昨夏以降は「テークバックでは右足かかとを少し上げ、切り返しのタイミングに合わせて、上げていた右足かかとを下げ、地面を踏むと同時にウエイトを左足側へシフトしていく。そして、インパクト、フォローにかけて、ウエイトを左足の左サイドに乗せきっていく感じのフットワークを身に付けました」。

このフットワークなら、ウエイトシフトがスムーズにできるのみならず、システマチックな動きを意識することで、さまざまなタイミングも得やすくなる。「テレビでプロ野球ニュースを見ていたとき、巨人の翁田大勢投手が投球フォームのことを話しているのを聞いて、ひらめいたんです。海外のドラコン選手たちも同じような動きをしていることに気が付きました。それで自分も取り入れてみたら、すぐに10〜15ヤード、飛距離が伸びました」

新しい動きを見よう見まねで覚え、あっという間に自分のモノにできるのは「昔からモノマネが得意だったおかげです」と、豊永プロは照れ笑いしていたが、得意なモノマネがプロとしての仕事に活かせれば、言うことなしである。

「このフットワークを取り入れたら、日本の大会では401ヤードの記録を出すことができました。上に行くためには、頼れる人には頼り、使えるものは使い、要らないものは捨てる。そういう図太さや割り切りが大切なのだと思えるようになりました」
1 2

ALBA Movies

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!