時松隆光 悪天候の戦いで光ったのは“心の強さ”とテンフィンガーグリップ【ツアーの深層】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

時松隆光 悪天候の戦いで光ったのは“心の強さ”とテンフィンガーグリップ【ツアーの深層】

2017年10月24日12時04分

時松隆光、逆境の中でも安定感あるプレーを見せた

 

時松隆光、逆境の中でも安定感あるプレーを見せた(撮影:佐々木啓)

悪天候が続き最終的に36ホールの短縮競技となった国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」。第2ラウンドに8バーディ・1ボギー“64”の猛チャージをかけ、トータル9アンダーでフィニッシュしていた時松隆光がツアー通算2勝目を挙げた。今季、JGTO(日本ゴルフツアー機構)のコースセッティング・アドバイザーを務める田島創志は、この試合を振り返り、まずは裏方の皆さんに感謝の言葉を述べた。

【スイング連続写真】かつてのスイングとどう違う?石川遼本人が解説

「ボランティアさんだったりコース管理の方だったり、運営の皆さんのおかげで36ホールできた。ディレクターの判断も良かったと思います。最終日はギャラリーの方をコースに入れられる状況じゃなかったですからね」。連日の悪天候の中、大会が成立できたことはJGTOの関係者として感慨深かったようだ。

・時松の個性的な握りは悪天候に強い!?

試合を制した時松については、「運で勝った、とようなことを本人が言っていましたが、そうではなく運を引き寄せたんだと思います。意外とテンション下がってる選手もいたと思うんですよね。あの天候ですから。こんな雨の中でやるのかよ、と。よく、“やまない雨はない”と言うじゃないですか。今回の場合は“やまない雨の中でどうするか”ってのができた人が雨の中では強いんですよ。しっかりと天気を受け入れて、自分のベストを尽くすという。時松選手はそれができたんでしょうね。気持ちで変わると思いますよ。雨の中でも集中力を切らさず、しっかり自分のやりたいことができたから勝てたと思います」。悪天候でも自分のプレーを貫いた時松の心の強さを賞賛した。

また、時松の大きな特徴でもある野球のバットと同じような握り方をする“テンフィンガーグリップ”も悪天候で力を発揮したという。右手の感覚が出しやすいこの握り方では「クラブが常に立った状態で収めやすいのが特徴。腕のローテーションを使わずに、自分の軸とフェース面が一緒に動く、だから悪条件にも強い」。実は今回ローアマに輝いた日大1年の清水大成も時松と同じ篠塚武久コーチの教えを受け、小学校4年生からこの握り方で戦い続けているという。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!