高山忠洋をマッチプレー巧者に変えた、ジャンボ尾崎のひと言とは? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

高山忠洋をマッチプレー巧者に変えた、ジャンボ尾崎のひと言とは?

2017年09月10日18時27分

高山、万全の体調ではなかったが3位でフィニッシュ!(撮影:佐々木啓)

<ISPSハンダマッチプレー選手権 決勝・3位決定戦◇10日◇浜野ゴルフクラブ(7,217ヤード・パー72)>

チョ・ビョミン(韓国)との3位決定戦を4&3の圧勝で制した高山忠洋。大会前まではマッチプレーはここ4試合連続で1回戦負けという成績だったが、この大会では7戦6勝とすっかりマッチプレー巧者に変身。その理由を本人はジャンボ尾崎が発したひと言がきっかけだったと言う。

優勝した片山はISPS恒例の優勝カブトを着用

「プロアマ戦の表彰式でジャンボさんが“マッチプレーはパットをいやらしく入れていくものが勝つ”と話していたんです。それまでの自分はマッチプレーではショットのいい選手が勝つと思って重視の意識でしたが、パットが大切なんだと考えをシフトしたんです。それがあったから(マイケル・)ヘンドリー戦で腰が痛くてもパット次第で何とかなると思えたし、ここまでこれたのかもしれません」。

確かに、今回優勝した片山晋呉もいやらしいパットを随所で入れていた。逆に、ショットでは無理をしていなかっただけに、高山の考えは正解かもしれない。

本音をいえば、優勝賞金5000万円を獲得できれば、新車を購入することも頭の片隅にはあったが、とりあえず今回は見送りになりそうだ。それでも3位と4位とでは400万円の差がある。賞金総額1億円のストロークプレーによる大会だと単独5位に相当する金額だ。それをこの日の勝負で上乗せできたのは大きい。「でもやっぱり、決勝戦に残っていれば……」と、悔やんだ表情を見せた高山だが、「それは来年以降に持ち越しですね」と、最後にようやく気持ちを切り替えていた。

文・山西英希

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!