【記者の目】15番はバーディホール? ミケルソンとスピースそれぞれの思考 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

【記者の目】15番はバーディホール? ミケルソンとスピースそれぞれの思考

2017年04月07日11時32分

スピースは2大会連続の+4が響いて41位タイスタート

 

スピースは2大会連続の+4が響いて41位タイスタート(撮影:上山敬太)

マスターズ 初日◇6日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

プロにとってパー5は“バーディかそれ以上を求めるホール”だ。オーガスタナショナルGC、530ヤードの15番パー5。風向きによっては楽に2オンもできる。レイアップしても3打目はウェッジでのショットとなるため、昨年は18ホール中15番目に易しいホールだった。

ミケルソンは上々スタートにニッコニコ!

しかし、今年は少し様子が違った。第1ラウンドは朝から強風が吹き荒れ、一瞬で変わってしまうきまぐれな風向きに翻弄される選手が続出してアンダーパーはわずか11人。そんな中で、二人の歴代チャンピオンが15番ホールで明暗を分けた。1アンダー、4位スタートのフィル・ミケルソンと3オーバー、41位スタートのジョーダン・スピース。そこには、ベテランと若手のマネジメント力の差がはっきりと出た。

ミケルソンは15番をパーとしたが、「これまでと攻め方が変わっている」と説明する。「以前はレイアップしたら、3打目は左足が下がっている上に芝のライが悪いことが多かった。ダフって手前の池に落ちるシーンが多かった。だから2オンを狙うことが多かった。それが今は3打目地点のライが悪いということがなくなったため、安心して打てる」という。「風だけを考えて打てばいい」と、83ヤードの3打目を7メートルに乗せて楽々パーをキープした。

一方のスピースは、「風やグリーン状態から、今日は違うとわかっていたのに、『15番はバーディを取らないといけないホール』というメンタルになってしまった」と、65ヤードの3打目はグリーンをとらえたものの、昨晩の雨で柔らかくなったことも手伝って強烈なバックスピンがかかり池ポチャ。ペナルティを払って放った5打目はグリーンオーバー、その後も寄らず入らずの「9」を叩きさんざんな目に遭った。

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!