「追いつくチャンスはあった」松山英樹は勝負どころのミスを悔やむ | ALBA.Netのゴルフニュース

-

MASTERS 2016 April 7 thu - 10 sun

期間:2016年4月7日-4月10日 場所:オーガスタ・ナショナルGC(ジョージア)

David Cannon/Getty Images

マスターズ

  • 期間:2016年04月07日-04月10日、
  • 場所:オーガスタ・ナショナルGC(ジョージア)

「追いつくチャンスはあった」松山英樹は勝負どころのミスを悔やむ

2016年04月11日09時33分

松山は7位タイでフィニッシュ、同組のランガーと握手をかわす

松山は7位タイでフィニッシュ、同組のランガーと握手をかわす(撮影:GettyImages)

マスターズ 最終日◇10日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 海外男子メジャー「マスターズ」は10日(日)、最終ラウンドを行った。トータル1アンダーの3位タイから日本人男子初のメジャー制覇を目指してスタートした松山英樹は“73”で1つスコアを落とし、トータルイーブンパーの7位タイ。2年連続のトップ10フィニッシュは決めたものの、日本男子史上初のマスターズ制覇とはならなかった。

松山、5度目のマスターズの4日間を写真で振り返る

 あふれる悔しさは隠しきれなかった。テレビインタビュー後いったんクラブハウスに引き上げてから報道陣の前に立った松山は、「悔しいですね。フェアウェイのいいところからミスしている。ちょっと色々考えて取り組まないといけない」と勝負の18ホールで頻発した技術面でのミスに唇をかんだ。

 「精神的にきつかった」と振り返ったのはやはり前半の3ホール。4番、5番と連続ボギーを叩くと、6番パー3ではティショットが大きく右に出て木に当たり、松ぼっくりと共に真下に落下。そこからのアプローチもグリーンの激しい傾斜に戻されて手前にこぼれ、ここをダブルボギーとした。この時点でトータル3オーバー。首位の背中が遠くにかすんだ。

 だが、首位に立っていたジョーダン・スピース(米国)がスコアを落として大混戦の様相を呈したバックナイン。松山は「何が起こるかわからない。実際ジョーダンがああいうことになった」とあきらめてはいなかった。12番でスピースが2度池に落としたことによるざわめきを後ろに感じながらの13番では、セカンドをロングアイアンで2メートルのイーグルチャンスにつけた。

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ