石川遼の5番ウッドが破損 首位と大差からの決死の1打【2020-21年“涙のワケ”】 | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

石川遼の5番ウッドが破損 首位と大差からの決死の1打【2020-21年“涙のワケ”】

2021年12月23日07時30分

大事なクラブを破損して涙をにじませた最終日

 

大事なクラブを破損して涙をにじませた最終日(撮影:村上航)

新型コロナウイルスの影響で2020、21年が統合された国内男女ツアーは、1年半にも及ぶシーズンを終えた。今季も多くのドラマが生まれたが、その中から選手の涙にスポットライトを当てて、ロングシーズンを振り返る。今回は国内男子ツアー「ANAオープン」で石川遼が見せた、涙のワケ。

シャフトが真っ二つ… 木に当たる瞬間を激写【写真】

伏線は、2試合前からあったのかもしれない。「Sansan KBCオーガスタ」、「フジサンケイクラシック」と2週連続で2位に甘んじ、もどかしい成績が続いていた。ANAオープンでは上位につけているものの、「今週は、なかなかうまくいかないことが多い」と、思うようなプレーができずにイラ立ちを見せる場面もあった。

3日目を終えて、首位とは6打差。最終日の前半はオールパー、スコアを伸ばせずにトップとは差が開いたまま。“事件”が起ったのは、17番だった。

3打目地点から直角に左ドッグレッグするパー5で、右に曲げたティショットが木の根元についた。2打目はアドレスで左足が木にかかり、ピンに向かって打とうとすればシャフトが木に当たってしまう。しかし、「折れないように打つにしても、軽く出すだけだと3打目が木越えになって狙えない」とクラブを振ったが、懸念していたとおりになった。

打った瞬間、シャフトは“く”の字に曲がって真っ二つに。ここで、気力も一気にそがれたようだった。「疲れがどっときました。どこも痛くはないんですけど…。大事なクラブを1本折っちゃったので、もうちょっと良いショットを打ちたかったですね」。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

新シーズン開幕! 国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
男子ツアーLIVEフォトはコチラ
男子ツアーの熱戦をLIVEフォトでチェックしよう。
ツアーパター情報局
アマチュアでもプロのマネをできる「パター」。多くのゴルフファンの要望に応え、パターの情報をまとめてあります。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!