DJのマスターズ勝利 ドライバーは47ではなく“いつもの”45.75インチだった | ALBA.Netのゴルフニュース

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

DJのマスターズ勝利 ドライバーは47ではなく“いつもの”45.75インチだった

2020年11月23日11時00分

DJが持つと短く見える

 

DJが持つと短く見える(撮影:GettyImages)

秋開催の「マスターズ」を制したDJ(ダスティン・ジョンソン、米国)。初のグリーンジャケットに導いたドライバーは…、「いつものドライバー」でシャフトの長さは45.75インチだった。

松山英樹の1Wからアイアンまで スイング特集【動画】

「フェアウェイが軟らかい」、「ランが出ない」、「気温が低い」などから飛距離が大きな話題となった11月開催のマスターズブライソン・デシャンボー(米国)が飛距離を稼ぐために48インチに挑戦すると公言すると、多くの選手が長いシャフトを思案した。DJもその一人で「47インチのドライバーを手にしていた」と米メディアのインタビューで告白した。

実際に火曜日、フィル・ミケルソン(米国)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ザンダー・シャウフェレ(米国)との練習ラウンドではコース上でも使用。47インチドライバーはボールスピードが時速193マイルで約10ヤードも飛距離が伸びたという。

しかしながら、問題は「ほかのクラブでのスイングタイミングに影響する」ことが分かり、練習ラウンドの終盤には打つことがなくなったという。

「10ヤードの飛距離アップには非常に興味があった」とDJ。「でも今は変えるときではない」といつもの45.75インチのドライバーで本戦に臨み、勝利へとつなげた。

おすすめコンテンツ

現地直送! 国内女子21年初戦の撮れたてフォト
シブコ、ボミ、エリカ…。女子プロの笑顔をどこよりも早くお届け!
国内女子ツアー21年初戦! 組み合わせはこちら
シブコは? ボミは? 原英莉花は? 「ダイキンオーキッドレディス」の組み合わせをチェック!
【90切りレッスン】アプローチの種類を増やす
パーオン逃しのホールでいかにパーを拾うかが大事。アプローチのバリエーションを増やそう!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
見て楽しい着けて楽しい! プロたちのマスク七変化
中には“激レア”も!? 女子プロたちのマスク姿、写真で見せちゃいます。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!